受賞作ドットジェイピー

白い巨塔

受賞一覧

2005

第49回エランドール賞

2004

第7回日刊スポーツ・ドラマグランプリ

1991

第39回菊池寛賞

1967

第17回ブルーリボン賞

1966

第21回毎日映画コンクール

Wikipedia情報

『白い巨塔』(しろいきょとう)は、山崎豊子の長編小説。浪速大学に勤務する財前五郎と里見脩二という対照的な人物を通し、医局制度などの医学界の腐敗を鋭く追及した社会派小説である。同作者の作品の中でも特に傑作と名高く、1966年の映画化以来、何度も映像化された。 映像化作品などについては、映像化作品セクションとラジオドラマ作品セクションを参照。 1963年9月15日号から1965年6月13日号まで、『サンデー毎日』に連載された。当初、第一審までで完結の予定であったが、読者からの反響が予想外に大きかったため、1967年7月23日号から1968年6月9日号にかけて「続・白い巨塔」を『サンデー毎日』に連載した。正編は1965年7月、続編は1969年11月にそれぞれ新潮社から単行本として刊行された。 山崎は初版の単行本あとがきにおいて、この作品を書いた理由を、ジョージ・マロリーの言葉を引き合いに出して、大学病院の医局には「そこに重厚な人間ドラマがある」からと述べている(文庫版あとがきに詳細な記述あり)。