受賞作ドットジェイピー

細雪

受賞一覧

2005

第30回菊田一夫演劇賞

1991

第16回菊田一夫演劇賞

1984

第9回菊田一夫演劇賞

1983

第38回毎日映画コンクール

第8回報知映画賞

1947

第1回毎日出版文化賞

Wikipedia情報

『細雪』(ささめゆき)は、日本の作家・谷崎潤一郎の長編小説。全編の会話が船場言葉で書かれた作品である(谷崎自身は東京出身)。上流の大阪人の生活を描き絢爛でありながら、それゆえに第二次世界大戦前の崩壊寸前の滅びの美を内包し挽歌的切なさをも醸しだしている。阪神間モダニズム時代の阪神間の生活文化を描いた作品としても知られる。舞台は阪神間だが、本質的には大阪(船場)文化の崩壊過程を描いている。 背景・出版 谷崎は第二次世界大戦中の1941年に谷崎潤一郎訳源氏物語(旧訳)を完成させており、1942年(昭和17年)9月下旬には山梨県南都留郡勝山村(現在の富士河口湖町勝山)の河口湖湖畔にある富士ビューホテルに滞在しており、その滞在中の様子をモチーフとした場面が『細雪』下巻に描かれている。