受賞作ドットジェイピー

赤線地帯

受賞一覧

1956

第11回毎日映画コンクール

Wikipedia情報

『赤線地帯』(あかせんちたい)は1956年公開の溝口健二監督作品。溝口作品としては1954年『噂の女』以来の現代劇で、公開後に溝口が死去したため遺作となった。 大映移籍頃から長く不遇をかこった溝口は、1952年に『西鶴一代女』がヴェネツィア国際映画祭で国際賞を受賞し、海外での名声を得ると共に国内での評価を取り戻した。以後1953年『雨月物語』が同映画祭銀獅子賞(この年は金獅子賞が出なかったので、最高位の受賞作に当たる)、1954年『山椒大夫』にて再び銀獅子賞を受賞し、世界中から注目される巨匠としての地位を築いた。 そんな中で製作されたこの作品は、売春防止法制定前後(同法公布は1956年5月24日)の社会情勢をリアルタイムに取り入れた現代劇で、溝口作品の真骨頂とも言うべき女性主体の作品となった。特殊飲食店「夢の里」を舞台に娼婦たちの生き様を生々しく描いた悲喜劇で、明確な主役は据えておらず大勢の女優が軽快なテンポで次々に登場する豪華な女性群像劇となった。