受賞作ドットジェイピー

野ブタ。をプロデュース


野ブタ。をプロデュース DVD-BOX

(ASIN: B000BR6G7I) / ¥ 18,576

/ バップ / 在庫あり。

受賞一覧

2006

第9回日刊スポーツ・ドラマグランプリ

第2回ドラマ・オブ・ザ・イヤー

2004

第41回文芸賞

Wikipedia情報

『野ブタ。をプロデュース』(のブタをプロデュース)は、日本の小説家・白岩玄作の小説、またはそれを原作としたテレビドラマ。 第41回(2004年度)文藝賞受賞作品であり、第132回芥川賞候補にもなった。 クラスの人気者・桐谷修二はこれまで「人生はつまらない、この世の全てはゲームだ」と考えていたが、突如自分の高校に転校して来た典型的ないじめられっ子・通称「野ブタ」を人気者にプロデュースしていく。 物語は終始修二の語りで進行し、男子高校生の殺伐とした人間関係をコミカルに、そして生々しく描いた。 「主人公が転校生をプロデュースする」「主人公が最後に転校する」といった部分は原作とドラマで重なるが、それ以外のストーリーや設定は大きく異なり、別物といえる。原作はバッドエンドとも言えるような結末で話題となった。その一方で、ドラマ版では青春ドラマらしく明るく爽やかな最後を迎える。 ストーリー 高校生の桐谷修二は、大した努力もせずになんでもこなせる文武両道な人気者。優秀さに驕り、表向きは仲良く接している周囲の人々を、自分よりも劣る者として内心では嘲っていた。