受賞作ドットジェイピー

フランク・ボーゼイジ

Wikipedia情報

(「フランク・ボーゼイギ」に転送)

フランク・ボーゼイギ(Frank Borzage (/bɔrˈzeɪɡiː/), 1893年4月22日 - 1961年6月19日)はアメリカ合衆国の映画監督。第1回と第5回アカデミー監督賞を受賞した。サイレント映画時代からトーキー映画時代への変遷を経て1950年代まで活躍した。 ハリウッドの大物監督の中でサイレント映画とトーキー映画時代をまたがった監督、ジョン・フォード、ハワード・ホークス、キング・ヴィダーを含むが、フランク・ボーセイギもその中の一人であろう。彼はサイレント映画とトーキー映画時代にアカデミー監督賞を受賞しているが、彼の作品は1930年代には大変広く親しまれており、たとえ経営的に成功しなくても批評家の受けは良く、1940年代も1950年代終わりまで高い評価を得ていた。 代表作にアカデミー監督賞に輝いた『第七天国』(1927年)と『バッド・ガール』(1931年)をはじめ、『戦場よさらば』(1932年)、『歴史は夜作られる』(1937年)などがあり、いずれの作品にも共通するセンチメンタルでロマンティックなドラマ性がボーゼイギの持ち味であった。

受賞作一覧

1933

第5回アカデミー賞

1929

第1回アカデミー賞