受賞作ドットジェイピー

ルイーゼ・ライナー

Wikipedia情報

ルイーゼ・ライナー(Luise Rainer、1910年1月12日 - 2014年12月30日)は、ドイツの女優。 デュッセルドルフにてユダヤ人の両親の間に生まれる。ウィーンに移り、1928年に舞台女優としてキャリアを始める。1930年代初期に3つのドイツ映画に出演後、25歳の時にアメリカ合衆国に移住。 1935年にMGMと契約し、グレタ・ガルボの対抗馬として売り出された。 1936年公開の『巨星ジーグフェルド』と翌1937年公開の『大地』(パール・S・バック原作)で2年連続してアカデミー主演女優賞を受賞(第9回、第10回)。2年連続でアカデミー賞の演技部門を受賞した最初の人物となる。また、ユダヤ系ドイツ人女優として、実在の人物を演じての受賞者は彼女が最初である。しかし、ほとんど台詞のない(?)『巨星ジーグフェルド』、ドイツ訛りのひどい『大地』と2年連続しての受賞は「オスカー史の謎」とされている。アカデミー会員が、対抗馬の女優たちの受賞を嫌がったためとも言われるが、真相ははっきりしない。

受賞作一覧

1938

第10回アカデミー賞

1937

第9回アカデミー賞