受賞作ドットジェイピー

スティーヴン・ミルハウザー

Wikipedia情報

スティーヴン・ミルハウザー(Steven Millhauser、1943年8月3日 - )は、現代アメリカ作家。現在はサラトガ・スプリングスに住み、スキットモア・カレッジで教鞭を取りながら作品を発表している。幻想的・耽美的・ロマン主義的な作風で知られ、子供と芸術家を主人公に据えた物語を好んで書く。 1943年、ニューヨークで生まれ、コネティカット州で育つ。1965年にコロンビア大学を卒業。ブラウン大学の博士課程に進んだが、中退した。 1972年、『エドウィン・マルハウス』でデビュー。11歳のときに不朽の傑作小説『まんが』を書きあげた天才少年エドウィンの伝記を類稀な記憶力を持つ友人が綴るという、伝記文学のパロディである同書は、フランスで、独特な手法を用いた作品に与えられるメディシス賞外国語部門を受賞した。ペンギンブックスにも加えられた(1990年に福武書店から出た邦訳はしばらく絶版となっていたが2003年に白水社から復刊された)。日本ではこの作品のみ岸本佐知子が翻訳している(他は柴田元幸訳)。 1986年に出版された『イン・ザ・ペニーアーケード』は、日本では「新しいアメリカの文学」シリーズのひとつとして白水社から刊行された。

受賞作一覧

1990

第16回世界幻想文学大賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 【気になる!】文庫 『柴田元幸ベスト・エッセイ』 ユーモラスで、どこか温かな文章 - 産経ニュース 円城塔、ミルハウザーら11作家が様々な元ネタを「カバー」する『MONKEY』 - CINRA.NET(シンラドットネット) スティーヴン・ミルハウザーさん『魔法の夜』 月光の下で癒やされ心開く人々 - 産経ニュース 村上春樹による訳し下ろし6作品も掲載 『MONKEY』アメリカ短篇小説特集 - CINRA.NET(シンラドットネット) 鴻巣友季子・評 『魔法の夜』=スティーヴン・ミルハウザー著 - 毎日新聞 翻訳家・柴田元幸さん「教養を身につけても別に良いことはない」 - ニュースイッチ Newswitch TAMA映画フォーラム特別上映会、7/21(土)に『パターソン』を上映!柴田元幸(翻訳家)とマーサ・ナカムラ(詩人)によるトークも! - CINEMA TOPICS ONLINE 『青春映画学園祭』に日本未公開の青春映画が集結、「偽ID」割も - CINRA.NET(シンラドットネット) あぁ青春!ティーン映画ラヴァーズに捧ぐ!未公開の傑作を集めた「青春映画学園祭」 - webDICE 休日はスマホ断ち。脱力したいときに読みたい本【女の本棚】 - cafeglobe