受賞作ドットジェイピー

ユルマズ・ギュネイ

Wikipedia情報

ユルマズ・ギュネイ (Yılmaz Güney, 1937年4月1日 - 1984年9月9日) は、トルコの映画監督・脚本家・小説家・俳優である。 1937年4月1日、アダナ近郊でザザ人の父とクルド人の母の間に生まれる。両親は綿畑の労働者としてトルコに移住してきたため、ギュネイは労働者階級として育つ。アンカラとイスタンブールの大学で法律と経済学を学んでいたが、大学在学中の1958年に俳優・脚本家として映画業界で働き始める。初めはアートゥフ・ユルマズ監督のアシスタントであったが、すぐに二枚目俳優として人気となり、1975年までの17年間で100本以上の作品に出演した。脚本家としても1983年までの25年間で50本以上の脚本を執筆している。 1960年に国内でクーデターが起こると、執筆した小説が共産主義的であるとされ、1960年から1962年までの2年間、ギュネイは刑務所に投獄される。出所後、1966年に『At avrat silah』で映画監督としてデビュー。1968年には映画制作会社「ギュネイ・フィルム」を立ち上げ、『希望』(1970年)や『エレジー』(1972年)など、4年間で13本の作品を監督するが、多くはトルコ政府から上映禁止処分を受ける。

受賞作一覧

1982

第35回カンヌ国際映画祭

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 【MOVIEブログ】2018イスタンブール映画祭日記(下) - cinemacafe.net 気付いたら大物俳優の膝の上に? カンヌ俳優・監督思い出語る - AFPBB News カンヌ国際映画祭、最高賞の歴代受賞作品 - AFPBB News 娘を訪ねて三千里、愛だけが突き動かすロードムービー『消えた声が、その名を呼ぶ』 - webDICE