受賞作ドットジェイピー

宮柊二

Wikipedia情報

宮 柊二(みや しゅうじ、1912年(大正元年)8月23日 - 1986年(昭和61年)12月11日)は、昭和時代に活躍した歌人。本名は宮肇(はじめ)。 妻は同じく歌人の宮英子(旧名、瀧口英子)。 新潟県北魚沼郡堀之内町(現魚沼市)に書店の長男として生まれる。父は宮保治、俳号を木語といい俳句もやった。 1919年堀之内尋常高等小学校に入学。 1925年旧制長岡中学に入学し、在学中から相馬御風主宰の歌誌「木蔭歌集」に投稿を行っていた。 1930年に卒業後は家業を手伝う。1932年に上京し東京中野の朝日新聞販売店に住み込みで働き、翌年北原白秋を訪ね、その門下生となり、歌作に磨きをかけた。 1939年日本製鐵入社。途中、兵役に応召し、中国山西省で足掛け5年兵士として過ごす。出征中に第1回多磨賞を受賞するが、授賞式には出られず父が代理出席した。 1946年処女歌集『群鶏』を刊行。 1953年にはコスモス短歌会の代表として、歌誌「コスモス」を創刊する。 1947年、加藤克巳、近藤芳美らと「新歌人集団」を結成。生涯で13冊の歌集を刊行し、宮中歌会始の他、新聞・雑誌歌壇の選者をする。

受賞作一覧

1976

第10回迢空賞

1961

第13回読売文学賞

1957

第11回毎日出版文化賞