受賞作ドットジェイピー

山田宏一

Wikipedia情報

山田 宏一(やまだ こういち、1938年 - )は、日本の映画評論家、翻訳家。 インドネシア・ジャカルタ生まれ。東京外国語大学フランス語学科卒業。1964~1967年にパリ在住。その間「カイエ・デュ・シネマ」の同人となり、ジャン=リュック・ゴダール、フランソワ・トリュフォーらと交友する。この時代の経験は後に、著書『友よ映画よ』で描いている。 帰国後、『キネマ旬報』『話の特集』などに連載を行い、映画評論活動に入る。フランスの前衛的な映画から、マキノ雅弘などの娯楽映画まで、同じスタンスで論じる評論スタイルで注目される。また、翻訳、インタビュー、聞き書きなども多数ある。なお、マキノ雅弘の自伝『映画渡世』も、マキノの著書となっているが、山根貞男と山田による聞き書きである。 青山学院大学や学習院大学で講師をした時期は、自身はほとんど語らず「映像を持って語らせる」手法で、映画論を講じた。 表彰 1992年 「トリュフォー ある映画的人生」で、第1回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞(選考:蓮實重彦)。

受賞作一覧

1991

第1回Bunkamuraドゥマゴ文学賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 「映画本大賞 2016」発表! 数ある映画本から第1位に選ばれた作品は? - ダ・ヴィンチニュース 岡崎 武志・評『ヒッチコック映画読本』『神々が見える 神社100選』ほか - 毎日新聞 北井上西部土地改良区前理事長ら逮捕 工事巡り贈収賄容疑 2017/5/6 14:21 - 徳島新聞 「映画本大賞」発表!1位は映画評論家・山田宏一が日本映画の面白さ語った作品 - シネマトゥデイ 展覧会 大石芳野写真展 黒川能の里ほか - 毎日新聞 「映画作りとは何か」を語れる10人を選んだ『ヒッチコック/トリュフォー』監督インタビュー - webDICE キン・フーが自作や演出作法を語った書籍の新装版発売 - ナタリー 新しい光の市場を創造するウシオが見据える今後 (1/2) - EE Times Japan フィルムセンター研究員による“物質としての映画”巡る著書が映画本大賞1位に選出 - ナタリー 寺尾次郎がゴダールを新訳。ネット時代の字幕とは? - カーサ ブルータス