受賞作ドットジェイピー

島田修二

Wikipedia情報

島田 修二(しまだ しゅうじ、昭和3年(1928年)8月19日 - 平成17年(2004年)9月12日)は、日本の歌人。宮中歌会始選者も務めた。洋画家で文化功労者の島田章三は実弟。 神奈川県横須賀市出身。旧制横須賀中学(34期)を卒業。兄・陽一(横中30期、海兵73期、海軍中尉、敷波乗組)を戦災で亡くし、江田島海軍兵学校(77期)在学中には広島で原爆を目撃した。静岡高校在学中に北原白秋の「多磨」に入会。東京大学文学部社会学科卒業後、読売新聞記者のかたわら作歌をする。「コスモス」創刊に参加し、宮柊二に師事する。1988年に「青藍」を創刊、主宰となる。 1984年「渚の日日」で第18回迢空賞受賞。1996年「草木国土」で第11回詩歌文学館賞受賞。2001年「行路」で第1回山本健吉文学賞受賞。人間の生きる哀歓をとらえつづけ、身体障害の子をもつ父としての苦悩も歌う。 2004年9月12日逝去。兄・陽一が南シナ海で戦死してから、ちょうど60年後であった。 歌集 『花火の星』(1963) 『青夏』(1969) 『冬音』牧羊社(1977) 『島田修二歌集』国文社・現代歌人文庫、1978 『渚の日日』花神社(1983) 『東国黄昏』花神社(1986) 『島田修二歌集』短歌研究文庫 1987 『春秋帖』短歌新聞社(1987) 『草木国土』花神社(1995) 『朝の階段』花神社 2000 『行路 島田修二歌集』短歌研究社 2000 その他著書 『宮柊二(短歌シリーズ・人と作品)』桜楓社 1980 『宮柊二の歌』花神社 1980 『職場 短歌読本』来嶋靖生共編 有斐閣選書 1981 『北原白秋』短歌シリーズ・人と作品 田谷鋭共著 桜楓社 1982 『現代短歌入門』文化出版局 1984 『抒情の空間 島田修二評論集』雁書館 1984 『短歌に親しむ NHK短歌入門』日本放送出版協会 1987 『昭和の短歌を読む』岩波セミナーブックス 1998 脚注 ==。

受賞作一覧

1996

第11回詩歌文学館賞

1984

第18回迢空賞