受賞作ドットジェイピー

稲垣武

Wikipedia情報

稲垣 武(いながき たけし、1934年(昭和9年)12月12日 - 2010年(平成22年)8月5日)は、日本のフリーランスジャーナリスト。朝日新聞記者・『週刊朝日』副編集長を務めた。 1934年(昭和9年) - 埼玉県生まれ。 1945年(昭和20年) - 国民学校5年生のとき、教科書墨塗りを体験。 中学生から高校生にかけてアグネス・スメドレーやエドガー・スノーが書いた毛沢東の延安伝説に関する本を貪り読み、毛沢東の詩詞を暗唱できるほど繰り返し読む。 1950年(昭和25年) - 高校1年生のころ、日本共産党の青年支部民主青年同盟に加盟申請するが不採用となる。市会議員選挙で日本共産党候補の選挙運動に励む。選挙運動終了時に大腸カタルで1週間ほど入院し、フランス & 水野 (1950)を読み回心する。退院とともに党活動を中止する。 1951年(昭和26年) - 高校2年生のころ、ブリントン, 岡 & 篠原 (1952)を読み革命の実態を理解する。 1956年(昭和31年) - ハンガリー動乱により共産主義の実態に幻滅。

受賞作一覧

1994

第3回山本七平賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated たけし、稲垣吾郎に真剣アドバイス「転機は進化している証拠」 - マイナビニュース 【JA人事】JA尾張中央(愛知県)(6月22日) - 農業協同組合新聞 渦中の“たけし軍団”から7人が出演決定! 稲垣、草なぎ、香取の『7.2 新しい別の窓』第2回放送 - AbemaTIMES 川口氏と稲垣氏、副市長に 人事案に同意 /愛知 - 毎日新聞 静岡大会 チーム紹介/上(その2) /静岡 - 毎日新聞 戦後の北朝鮮帰国事業 日本のマスコミが犯した「礼賛報道」とは - livedoor 「戦争はビジネス」と言った米兵とカルト宗教下にあった日本人。 第二次大戦から70年経ってその差は縮まったのか? [橘玲の日々刻々] - ダイヤモンド・オンライン