受賞作ドットジェイピー

舛田利雄

Wikipedia情報

舛田 利雄(ますだ としお、1927年10月5日 - )は、日本の映画監督である。兵庫県神戸市出身。 経歴・人物 多感な青年期~映画界へ   戦時中、舛田は中学生であったが軍事教練に反発し退学になるなど、大の〝軍人嫌い〟少年だったという。 大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)ロシア語学科卒業。 大学卒業後は教師になるつもりであったが、映画に関心を持つようになり1949年より新東宝シナリオ塾で学び、その翌年に新東宝助監督部に入社。中川信夫、井上梅次に付く。 日活時代・石原裕次郎との仕事 1954年、活動を再開した日活に移籍。助監督として井上梅次、市川崑、久松静児らに師事する。 1957年、監督に昇進。翌年に公開した『心と肉体の旅』で監督デビュー。 監督昇進時、舛田はまだ29歳であり当時の映画界としては異例のスピードであった。 以後、『赤い波止場』、『今日に生きる』など充実した娯楽作を撮り続け、『錆びたナイフ』をはじめとする石原裕次郎主演作品を最も多く(計25作品)演出した監督として日活を支え、日活アクション映画全盛期に数々の作品のメガホンを執り〝日活の舛田天皇〟とも言われた。

受賞作一覧

2001

第10回日本映画批評家大賞

1990

第32回ブルーリボン賞

1989

第44回毎日映画コンクール

第14回報知映画賞