受賞作ドットジェイピー

金鶴泳

Wikipedia情報

金鶴泳(きん かくえい、김학영、Kim Hak Young、キム ハギョン、1938年9月14日 - 1985年1月4日)は日本の小説家。本名は金廣正(キム クァンジョン)。1938年、群馬県に生まれる。東京大学大学院化学系研究科博士課程中退。1966年に「凍える口」で文藝賞受賞。以後作家活動に入る。「冬の光」「鑿」「夏の亀裂」「石の道」の四作が芥川賞候補作となる。吃音者・在日朝鮮人二世という苦悩の中、独自の世界を描いた。1985年、ガス自殺。享年46。 著作 『凍える口』河出書房新社、1970年 『金鶴泳集』河出書房新社、1972年 『あるこ-るらんぷ』河出書房新社、1973年 『石の道』河出書房新社、1974年 『鑿』文藝春秋、1978年 『郷愁は終り、そしてわれらは』新潮社、1983年 『金鶴泳作品集成』作品社、1986年 『金鶴泳作品集』1-2, クレイン、2004-2006年 『〈在日〉文学全集6金鶴泳』勉誠出版、2006年 関連項目 在日朝鮮人文学。

受賞作一覧

1966

第4回文芸賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 【文芸月評】民族の葛藤 響く歌声 - 読売新聞 鶴竜、“無給”痛くもかゆくもなし!? 全勝ターンで懸賞金すでに月給以上に - ZAKZAK 在日作家の文学を通し、長い射程でレイシズムを見る - 中津十三 - BLOGOS 白星発進も…稀勢の里、前途多難 貴乃花親方「感覚が戻るのは中日過ぎ」 - ZAKZAK 稀勢の里、ついに8場所連続休場、厳しい復活 秋は「待ったなし」だが… 井筒親方「良くなる保証ない」 - ZAKZAK 鶴竜、人の良さがアダ…初黒星に「迷ったね。待ったすればよかった」と苦笑い - ZAKZAK 【高須克弥 Yes!高須のこれはNo!だぜ】角界に明るいニュース! 勢よ愛の力で勝ち進め - ZAKZAK 稀勢の里、ワースト連続休場も秋まで猶予? 和製横綱“大甘”扱い - ZAKZAK 「出ますから」鶴竜、初場所出場へ 進退かけた重要な場所に - ZAKZAK 【貴騒動を斬る】相撲人生フイにした元日馬富士…得した人間はいるか 貴乃花親方は「理事解任された史上初の親方」 - ZAKZAK