受賞作ドットジェイピー

長野まゆみ

Wikipedia情報

長野 まゆみ(ながの まゆみ、1959年8月13日 - )は、東京都出身の小説家。1982年、女子美術大学芸術学部産業デザイン科デザイン専攻卒業。 作風 宮沢賢治と稲垣足穂の濃厚な影響下で創作活動を開始。初期作品は兄弟や親友同士の友情や精神的な絆を描いたものが多く描いた。 耽美的な作風で、鉱石、機械、幻想世界だけに存在する美少年といったモチーフを繰り返し使用し、SF・ファンタジーに分類される幻想小説や、児童文学などを手がけた。旧字体を多く用いた、流麗な文章を特徴とする。 近年は、男性同士の恋愛模様(時には異性間の恋愛模様や性的描写があるものも)や、兄弟や親友から“親族”という広い関係性を描き、現実的な“人々の生活”を色濃く描いた作品を出しており、作者の創作に対する意識の変遷が見られる。 活動 有限会社 耳猫風信社設立。(設立年月日不明) 同名の作品を光文社から1994年に刊行しており、社名はこの作品名に由来する。 社長に自身は就かず、長野が鉱石愛好家であることから、鉱石や耳猫風信社謹製品の店舗販売や即売会、またファンクラブの後援をする目的で設立された。

受賞作一覧

2015

第68回野間文芸賞

第43回泉鏡花賞

1988

第25回文芸賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 中世の古書の著者は、23世紀の少年!?時空を超える一族と幻想の旅に出よう『デカルコマニア』 - カドブン 宮沢賢治をもう一度 ゆかりの作品、相次ぎ刊行 - 日本経済新聞 【第46回泉鏡花文学賞受賞決定】幻想小説というレッテルなら作家でいられるかも 「幻の作家」山尾悠子さん1万字インタビュー - asahi.com 永遠のロングセラー『少年アリス』の長野まゆみ、原点である宮沢賢治との通信回線をつないで物語られる、未知なる4次元小説体験!『銀河の通信所』発売! - PR TIMES (プレスリリース) ページをめくる手が止まらない幻想世界 「架空の国を旅する」本 - asahi.com 地図に封じ込められているのは、無数のボーイ・ミーツ・ガール!ロマンチックな冒険活劇『メルカトル』 - カドブン まさか!亡き父のわずかな預貯金を解約する手続きがこんなに面倒だったとは…… - 現代ビジネス 野間文芸賞・長野まゆみさん、デビュー27年…驚きの吉報 新人賞の滝口悠生さん「つらい時期があったからこそ」、古川日出男さん「50歳前に新人。これはやれるぜ」 - 産経ニュース やまなし文学賞来月から募集 - 山梨日日新聞 あのころのデパート 長野まゆみ著 - 日本経済新聞