受賞作ドットジェイピー

第1回毎日映画コンクール

Wikipedia情報

毎日映画コンクール(まいにちえいがコンクール)は、1946年に創設された、毎日新聞社やスポーツニッポン新聞社などが主催する映画の賞である。 前年1月1日からその年の12月31日までに公開された全作品の中から、日本映画大賞をはじめ同優秀賞、個人賞(監督賞、脚本賞、男・女優主演賞、同助演賞、撮影賞、美術賞、音楽賞、録音賞、技術賞)、記録文化映画賞、アニメーション映画賞、スポニチグランプリ新人賞、大藤信郎賞、田中絹代賞、日本映画ファン賞、外国映画ベストワン賞、外国映画ファン賞の各賞が選ばれる。対象作品は洋画、邦画を問わない。 毎年2月上旬に授賞式が行われ、第65回は初めてtvk(テレビ神奈川)で授賞式の模様が生放送されたが、翌年(第66回)はオープニングセレモニーのみ生放送され、授賞式は後日録画放送される。 歴代各賞 第1回(1946年) 作品部門日本映画大賞 『或る夜の殿様』 大衆賞 『或る夜の殿様』俳優部門演技賞 小沢栄太郎『大曾根家の朝』スタッフ部門監督賞 今井正『民衆の敵』 脚本賞 久板栄二郎『大曾根家の朝』 撮影賞 立花幹也『檜舞台』 音楽賞 早坂文雄『民衆の敵』 第2回(1947年) 作品部門日本映画大賞 『今ひとたびの』俳優部門男優演技賞 森雅之『安城家の舞踏会』 女優演技賞 田中絹代『結婚』『女優須磨子の恋』『不死鳥』 新人演技賞 若山セツ子『おスミの持参金』スタッフ部門監督賞 黒澤明『素晴らしき日曜日』 脚本賞 植草圭之助『素晴らしき日曜日』 撮影賞 三浦光雄『今ひとたびの』 美術賞 松山崇『今ひとたびの』 音楽賞 早坂文雄『女優』 録音賞 安恵重遠『女優』 第3回(1948年) 作品部門日本映画大賞 『醉いどれ天使』俳優部門男優演技賞 笠智衆『手をつなぐ子等』 女優演技賞 田中絹代『夜の女たち』『風の中の牝鷄』 助演賞 宇野重吉『わが生涯のかがやける日』『破戒』スタッフ部門監督賞 木下恵介『女』『肖像』『破戒』 脚本賞 伊丹万作『手をつなぐ子等』 撮影賞 伊藤武夫『醉いどれ天使』 美術賞 浜田辰雄『わが生涯のかがやける日』『風の中の牝鷄』 音楽賞 早坂文雄『酔いどれ天使』『虹を抱く処女』『富士山頂』 録音賞 大村三郎『わが生涯のかがやける日』特別賞清水宏『蜂の巣の子供たち』 第4回(1949年) 作品部門日本映画大賞 『晩春』俳優部門男優演技賞 志村喬『静かなる決闘』『野良犬』 女優演技賞 原節子『お嬢さん乾杯!』『青い山脈』『晩春』 助演賞 木暮実千代『青い山脈』スタッフ部門監督賞 小津安二郎『晩春』 脚本賞 野田高梧、小津安二郎『晩春』 撮影賞 中井朝一『青い山脈』『野良犬』 美術賞 松山崇『野良犬』 音楽賞 早坂文雄『野良犬』 録音賞 神谷正和『グッド・バイ』特別賞小雀劇団・ともだち劇団・手をつなぐ子等グループ『恐れられた子等』 第5回(1950年) 作品部門日本映画大賞 『また逢う日まで』 教育文化映画賞 『いねの一生』俳優部門男優演技賞 佐分利信『執行猶予』『帰郷』 女優演技賞 京マチ子『偽れる盛装』『羅生門』 助演賞 山村聰『帰郷』『宗方姉妹』『大利根の夜霧』スタッフ部門監督賞 吉村公三郎『偽れる盛装』 脚本賞 新藤兼人『偽れる盛装』 撮影賞 三村明『暁の脱走』 美術賞 水谷浩『偽れる盛装』 音楽賞 吉沢博、黛敏郎『帰郷』 録音賞 神谷正和『暁の脱走』『雪夫人絵図』 第6回(1951年) 作品部門日本映画大賞 『めし』『麦秋』 教育文化映画賞 『中尊寺』 ニュース映画賞 日本ニュース「噴き出す灼熱の流れ」を含む第272号日本映画社俳優部門男優演技賞 笠智衆『命美わし』『海の花火』 女優演技賞 原節子『めし』『麦秋』 女優助演賞 田村秋子『自由学校』『少年期』スタッフ部門監督賞 成瀬巳喜男『めし』 脚本賞 木下恵介『カルメン故郷に帰る』 撮影賞 玉井正夫『めし』 美術賞 久保一雄『どっこい生きてる』、『わかれ雲』 音楽賞 高田信一『風雪二十年』 録音賞 藤好昌生『めし』 第7回(1952年) 作品部門日本映画大賞 『生きる』 教育文化映画賞 『結核の生態』 ニュース映画賞 朝日ニュース「東京メーデー」を含む第349号日本映画新社俳優部門男優主演賞 佐分利信『波』『お茶漬の味』『慟哭』 女優主演賞 山田五十鈴『箱根風雲録』『現代人』 男優助演賞 加東大介『おかあさん』『決闘鍵屋の辻』 女優助演賞 中北千枝子『丘は花ざかり』『おかあさん』『稲妻』 演技特別賞 河村黎吉『三等重役』スタッフ部門監督賞 渋谷実『現代人』『本日休診』 脚本賞 黒澤明・橋本忍・小国英雄『生きる』 撮影賞 宮川一夫『西陣の姉妹』『千羽鶴』 美術賞 小池一美『西陣の姉妹』 音楽賞 斎藤一郎『西鶴一代女』『おかあさん』『稲妻』『秘密』 録音賞 矢野口文雄『生きる』 第8回(1953年) 作品部門日本映画大賞 『にごりえ』 教育文化映画賞 『真空の世界』『雪ふみ』 ニュース映画賞 朝日ニュース「防衛体制強化へ」を含む第431号日本映画新社俳優部門男優主演賞 上原謙『妻』『夫婦』 女優主演賞 望月優子『日本の悲劇』 男優助演賞 芥川比呂志『煙突の見える場所』 女優助演賞 杉村春子『にごりえ』『東京物語』スタッフ部門監督賞 今井正『にごりえ』 脚本賞 木下恵介『日本の悲劇』『まごころ』『恋文』 撮影賞 宮島義勇『夜明け前』『蟹工船』 美術賞 伊藤熹朔『雁』『雨月物語』 音楽賞 芥川也寸志『煙突の見える場所』 録音賞 大谷巌『雨月物語』 第9回(1954年) 作品部門日本映画大賞 『二十四の瞳』 教育文化映画賞 『蚊』、『佐久間ダム』 ニュース映画賞 毎日世界ニュース第145号特報「衆院大乱闘事件」新理研映画社俳優部門男優主演賞 山村聰『山の音』『黒い潮』 女優主演賞 高峰秀子『二十四の瞳』『女の園』『この広い空のどこかに』『悪の愉しさ』 男優助演賞 宮口精二『七人の侍』 女優助演賞 久我美子『女の園』『この広い空のどこかに』『悪の愉しさ』『億万長者』スタッフ部門監督賞 木下恵介『二十四の瞳』『女の園』 脚本賞 木下恵介『二十四の瞳』『女の園』 撮影賞 小原譲治『愛と死の谷間』『鶏はふたたび鳴く』 美術賞 木村威夫『或る女』『黒い潮』 音楽賞 木下忠司『女の園』『この広い空のどこかに』 録音賞 大野久雄『この広い空のどこかに』『女の園』『二十四の瞳』 色彩技術賞 杉山公平他・大映作品『千姫』の色彩技術関係者 第10回(1955年) 作品部門日本映画大賞 『浮雲』 教育文化映画賞 『かえるの発生』、『ひとりの母の記録』 ニュース映画賞 朝日ニュース「修学旅行」を含む第511号 日本映画新社俳優部門男優主演賞 森繁久彌『夫婦善哉』『渡り鳥いつ帰る』『警察日記』『人生とんぼ返り』 女優主演賞 高峰秀子『浮雲』 男優助演賞 小林桂樹『ここに泉あり』 女優助演賞 左幸子『おふくろ』『人生とんぼ返り』スタッフ部門監督賞 成瀬巳喜男『浮雲』 脚本賞 八住利雄『夫婦善哉』『浮草日記』『渡り鳥いつ帰る』 撮影賞 楠田浩之『野菊の如き君なりき』『遠い雲』 美術賞 伊藤寿一『たそがれ酒場』 音楽賞 『ここに泉あり』の企画および製作関係者 録音賞 下永尚『浮雲』 音楽特別賞 早坂文雄『楊貴妃』の音楽および多年の映画音楽に対する功績 色彩技術賞 『楊貴妃』の色彩技術関係者 第11回(1956年) 作品部門日本映画大賞 『真昼の暗黒』 教育文化映画賞 『カラコルム』 ニュース映画賞 朝日ニュース「この子らに親を」を含む第522号日本映画新社俳優部門男優主演賞 佐田啓二『あなた買います』『台風騒動記』 女優主演賞 山田五十鈴『流れる』『猫と庄造と二人のおんな』『母子像』 男優助演賞 東野英治郎『夜の河』『あやに愛しき』『夕やけ雲』 女優助演賞 沢村貞子『赤線地帯』『太陽とバラ』『現代の欲望』『妻の心』スタッフ部門監督賞 今井正『真昼の暗黒』 脚本賞 橋本忍『真昼の暗黒』 撮影賞 三浦光雄『白夫人の妖恋』『猫と庄造と二人のおんな』 美術賞 中古智『流れる』 音楽賞 伊福部昭『ビルマの竪琴』『鬼火』『真昼の暗黒』 録音賞 海原幸夫『新・平家物語』『義仲をめぐる三人の女』『残菊物語』『夜の河』 色彩技術賞 『カラコルム』の色彩技術関係者特別賞溝口健二 映画界への多年の功績 三浦光雄 映画界への多年の功績 第12回(1957年) 作品部門日本映画大賞 『米』 教育文化映画賞 『南極大陸』『おふくろのバス旅行』『ふくすけ』 ニュース映画賞 読売国際ニュース「ネズミ村のネズミ騒動」を含む第454号読売映画社俳優部門男優主演賞 三船敏郎『蜘蛛巣城』『下町』『どん底』 女優主演賞 高峰秀子『喜びも悲しみも幾歳月』『あらくれ』 男優助演賞 三井弘次『どん底』『気違い部落』『正義派』 女優助演賞 田中絹代『異母兄弟』『女体は哀しく』『地上』スタッフ部門監督賞 今井正『米』『純愛物語』 脚本賞 依田義賢『大阪物語』『異母兄弟』 撮影賞 長岡博之『気違い部落』『正義派』 美術賞 村木与四郎『蜘蛛巣城』『どん底』 音楽賞 黛敏郎『幕末太陽傳』『気違い部落』 録音賞 岩田広一『米』『純愛物語』 色彩技術賞 『朱雀門』の宮川一夫を中心とする色彩技術関係者特別賞マキノ光雄 映画界への多年の献身と功績 林田重雄 『南極大陸』『黒部峡谷』など長編記録映画に対する意欲とその成果 第13回(1958年) 作品部門日本映画大賞 『楢山節考』 教育文化映画賞 『地底の凱歌』、『ミクロの世界』、『オモニと少年』 ニュース映画賞 日活世界ニュース「国会空白の1週間」を含む第204号毎日映画社俳優部門男優主演賞 小林桂樹『裸の大将』 女優主演賞 淡島千景『螢火』『鰯雲』 男優助演賞 中村鴈治郎『炎上』『鰯雲』 女優助演賞 岡田茉莉子『悪女の季節』スタッフ部門監督賞 木下恵介『楢山節考』 脚本賞 橋本忍『張込み』『鰯雲』『夜の鼓』 撮影賞 伊佐山三郎『陽のあたる坂道』 美術賞 柴田篤二『白鷺』 音楽賞 杵屋六左衛門・野沢松之輔『楢山節考』 録音賞 妹尾芳三郎『彼岸花』 色彩技術賞 『白鷺』の渡辺公夫を中心とする色彩技術関係者特別賞『白蛇伝』動画技術部門における画期的な成果 第14回(1959年) 作品部門日本映画大賞 『キクとイサム』 教育文化映画賞 『秘境ヒマラヤ』『うわさはひろがる』『癌細胞』 ニュース映画賞 日活世界ニュース「希望訪問・水俣病をさぐる」を含む第257号毎日映画社俳優部門男優主演賞 船越英二『野火』 女優主演賞 北林谷栄『キクとイサム』 男優助演賞 宇野重吉『人間の壁』 女優助演賞 吉行和子『才女気質』『にあんちゃん』スタッフ部門監督賞 山本薩夫『荷車の歌』『人間の壁』 脚本賞 水木洋子『キクとイサム』 撮影賞 宮島義勇『人間の條件』 美術賞 鈴木孝俊『浪花の恋の物語』『大菩薩峠 完結篇』 音楽賞 林光『第五福竜丸』『荷車の歌』『人間の壁』 録音賞 橋本文雄『才女気質』『にあんちゃん』特別賞杉山公平 勤続40年にあたり、日本映画の撮影技術の向上ならびに後進指導に尽くされた功績 演技特別賞 高橋恵美子、奥の山ジョージ『キクとイサム』 第15回(1960年) 作品部門日本映画大賞 『おとうと』 教育文化映画賞 長編記録映画 『人間みな兄弟』 理科映画 『新昆虫記―蜂の生活』 短編劇映画 『北白川こども風土記』 科学映画 『マリン・スノー=石油の起源』 企画賞 『マリン・スノー=石油の起源』 ニュース映画賞 朝日ニュース「血ぬられた安保新条約」を含む第797号日本映画新社 毎日ニュース「ハガチー氏デモ隊に囲まる」(特報添付)を含む第289号毎日映画社俳優部門男優主演賞 小林桂樹『黒い画集 あるサラリーマンの証言』 女優主演賞 岸惠子『おとうと』 男優助演賞 森雅之『おとうと』『悪い奴ほどよく眠る』 女優助演賞 田中絹代『おとうと』スタッフ部門監督賞 市川崑『おとうと』『女経 (第2話)』 脚本賞 橋本忍『黒い画集 あるサラリーマンの証言』『いろはにほへと』 撮影賞 宮川一夫『おとうと』 美術賞 下河原友雄『おとうと』 音楽賞 佐藤勝『悪い奴ほどよく眠る』『筑豊のこどもたち』『独立愚連隊西へ』 録音賞 神谷正和『やくざ先生』『あした晴れるか』特別賞ヘンリー小谷 日本映画の先覚者として近代的撮影技術を確立された功績 教育文化映画特別賞 吉田六郎 『新昆虫記―蜂の生活』に示した画期的撮影技術 第16回(1961年) 作品部門日本映画大賞 『人間の條件 (完結編)』 教育文化映画賞 理科映画 『メダカの卵』 短編劇映画 『山かげに生きる人達』 科学映画 『潤滑油』 企画賞 『潤滑油』 ニュース映画賞 朝日ニュース「ある保母さんの日記」を含む第815号日本映画新社俳優部門男優主演賞 仲代達矢『人間の條件』『永遠の人』 女優主演賞 高峰秀子『名もなく貧しく美しく』『永遠の人』 男優助演賞 三國連太郎『はだかっ子』『飼育』 女優助演賞 新珠三千代『小早川家の秋』『南の風と波』スタッフ部門監督賞 小林正樹『人間の條件』 脚本賞 松山善三『人間の條件』『名もなく貧しく美しく』『二人の息子』 撮影賞 宮島義勇『人間の條件 (完結編)』 美術賞 桂長四郎『反逆児』 音楽賞 武満徹『もず』『不良少年』 録音賞 大角正夫『釈迦』特別賞大藤信郎 多年にわたり千代紙および色彩影絵映画など動画の領域に残された幾多の功績 第17回(1962年) 作品部門日本映画大賞 『切腹』 教育文化映画賞 一般教養映画 『尾瀬』 社会教育映画 『石ころの歌』 科学映画 『パルスの世界―エレクトロニクスと生体と―』 学校教材映画 『ジガバチモドキの観察』 企画賞 『私たちの修学旅行』 ニュース映画賞 朝日ニュース「ある生活・お盆を迎えた老人の島」を含む第893号日本映画新社 大藤信郎賞 手塚治虫『ある街角の物語』 アニメーション映画の領域で独創的な着想と優れた技術によって新鮮な様式美をつくりだした。

受賞作一覧

1946

第1回

関連トピックス

コトリンゴ、自身の選曲によるベストアルバム『小鳥観察 Kotringo Best』12月18日発売!オリジナル編とカバー/コラボ編の2枚組! - TOWER RECORDS ONLINE - TOWER RECORDS ONLINE ぐるっと東日本・母校をたずねる:山形県立新庄北高/4 小説が入選、早大目指す 映画監督・岸善幸さん /東京 - 毎日新聞 八千草薫さん死去、88歳 映画やドラマで活躍 「岸辺のアルバム」も - 毎日新聞 - 毎日新聞 今は「9時間前起床」進化する64歳、片岡鶴太郎(中西正男) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 映画『ひとよ』あらすじ・キャスト・予告編【佐藤健×田中裕子×鈴木亮平×松岡茉優×白石和彌監督】 - FILMAGA by Filmarks 地道な精進大切 笠間で片岡鶴太郎さん講演 /茨城 - 毎日新聞 ロケ地物語:東北から生まれた映画たち おくりびと 山形・酒田 古ぼけた感じがいい - 毎日新聞 特集ワイド:障害者を追った映画「えんとこの歌」 伊勢真一監督語る みな寄り合って生きている - 毎日新聞 DJ KENSEIによるECM音源オンリーのDJも! 原雅明がナビ、50周年のECM作品を聴くイヴェントが始動 - Mikiki 夏帆×妻夫木聡、激しく求め合いキス…賛否両論の問題作、予告編解禁 - ドワンゴジェイピーnews 遊ナビ:音楽 /東京 - 毎日新聞