受賞作ドットジェイピー

第59回野間児童文芸賞

Wikipedia情報

野間児童文芸賞(のまじどうぶんげいしょう)は、講談社初代社長、野間清治の遺志により設立された財団法人野間文化財団が1963年から設けた文学賞で、野間三賞のうちの一つ。児童向けの文学やノンフィクションを対象としている。受賞者には正賞としてブロンズ像、副賞として200万円が授与される。対象作品は前年8月1日から当年7月31日までの過去1年間に刊行されたもので11月に発表、12月に贈呈式が行われる。

受賞作一覧

2021

第59回

関連トピックス

子どもの想像力豊かな心を育む場所に──角野栄子さんに聞く江戸川区と児童文学館への想い(後編) 「江戸川区角野栄子児童文学館(仮称)」開館プロジェクト 第3回 - カドブン 「今この時に見るべき映画No.1!」──全国の書店員から激賞の嵐!上橋菜穂子原作『鹿の王 ユナと約束の旅』2月4日(金)ロードショー!! - カドブン