受賞作ドットジェイピー

オーソン・ウェルズ

Wikipedia情報

オーソン・ウェルズ(Orson Welles, 1915年5月6日 - 1985年10月10日)は、アメリカ合衆国の映画監督、脚本家、俳優。映画『第三の男』などでの個性的な演技で名優として知られたが、映画監督としても数々の傑作を残しており、『市民ケーン』は映画史に残る代表作とされている。 とくに25歳で初監督した作品『市民ケーン』は、撮影監督グレッグ・トーランドとともに数多くの斬新な撮影技法を案出したことから、現在でも映画研究の分野できわめて高く評価されている。 その後も『黒い罠』『上海から来た女』など新しい映画言語を盛り込んだ作品を監督し、全アメリカ映画史を通じて最も重要な映画作家の一人とも呼ばれる。 後半生は巨額の製作費を回収するためB級TV番組の監修や脚本執筆に追われ、実現しなかった映画の企画や未完の脚本が数多く残されている。

受賞作一覧

1959

第12回カンヌ国際映画祭

1952

第5回カンヌ国際映画祭

1942

第14回アカデミー賞

関連トピックス

中止、酷評も…“呪われた企画”『デューン 砂の惑星』映画化へのあくなき挑戦 (2021年10月17日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース