受賞作ドットジェイピー

ロージャ・ミクローシュ

Wikipedia情報

ミクロス・ロージャ(Miklós Rózsa, 1907年4月18日 - 1995年7月23日)はハンガリー出身のアメリカ合衆国の作曲家。ミクロス・ローザとも表記される。マジャル語のように発音し、ハンガリー式に姓・名順に表記するとロージャ・ミクローシュとなる。映画音楽の作曲家としてアカデミー作曲賞に17回ノミネートされ、3度受賞している。 ブダペストに生まれ、ライプツィヒ音楽院に学ぶ。1929年に同地で《ヴァイオリン協奏曲 第1番》を作曲。1931年にパリに移住し、《ハンガリー民謡の主題による変奏曲》《交響曲》《小オーケストラのためのセレナーデ》を上演する。1937年にロンドンに渡り、バレエ音楽《フンガリア》を作曲、また最初の映画音楽を作曲。 その後アメリカ合衆国で映画音楽の作曲家として活躍し、『深夜の告白』(1944年)、『白い恐怖』(1945年)や『二重生活』(1947年)、『クォ・ヴァディス』(1951年)、『緑の火・エメラルド』(1954年)、『ベン・ハー』(1959年)などで名声を博した。

受賞作一覧

1960

第32回アカデミー賞

1948

第20回アカデミー賞

1946

第18回アカデミー賞