受賞作ドットジェイピー

ベン・ハー

ベン・ハー 特別版画像
ベン・ハー 特別版
(JAN: 4988135804891)
¥1,320
在庫あり
ワーナーエンターテイメントジャパン(株)
チャールトン・ヘストン/スティーヴン・ボイド/ジャック・ホーキンス/ウィリアム・ワイラー

受賞一覧

1960

第32回アカデミー賞

第17回ゴールデングローブ賞

Wikipedia情報

『ベン・ハー』(Ben-Hur: A Tale of the Christ、副題『キリスト物語』)は、アメリカ合衆国の小説家ルー・ウォーレスが1880年に発表した長編小説である。アメリカで200万部を売るベストセラーとなった。架空の物語であるが、イエス・キリストはじめ『新約聖書』に登場する人物たちも作品中に出てくる。この長編小説は1899年に舞台化され、話題になり、何度も上演された。やがて映画の時代が訪れると1907年に最初の映画化がおこなわれた。まだ無声映画の時代だった1925年にフレッド・ニブロが監督し再び映画化され、大ヒットした。その後30余年を経てウィリアム・ワイラーが監督しチャールトン・ヘストンが主演した70ミリ幅のフィルムによるワイドスクリーンの作品が1959年に公開され、大ヒットし、第32回アカデミー賞では作品賞を始めとする11部門で受賞した。 第5話第14章の戦車競走のシーンは、ソポクレスの悲劇『エレクトラ』第680行から第763行までのオレステースの守り役による戦車競走と事故死の虚偽の報告から多くの着想を得ている。