受賞作ドットジェイピー

山田彩人

Wikipedia情報

山田 彩人(やまだ あやと、1967年 -)は、日本の小説家、推理作家。東京都生まれ。千葉県柏市在住。東京都立墨田川高等学校中退。 20代半ばのころにシナリオライター養成講座に通い、その後アニメのシナリオライターとしてデビューする。そのアニメがゲーム化された際にはゲーム版のシナリオも担当した。その後もシナリオライターを続けていたが、集団のなかではなく自分一人で書きたいものを書いてみたいという思いが次第に高まっていき、小説家を志す。 2011年、『眼鏡屋は消えた』で第21回鮎川哲也賞を受賞して小説家デビュー。選考委員の島田荘司は「本格ミステリとして素晴らしいうえに、ユーモアを交えた文章力があった」と評した。

受賞作一覧

2011

第21回鮎川哲也賞

関連トピックス

若林舞衣子が21人抜き首位浮上 - スポーツナビ - スポーツナビ 36歳・若林舞衣子がステップ初V王手 下川めぐみ2位、山田彩歩ら3位 - ゴルフ総合サイト ALBA Net