受賞作ドットジェイピー

松本健一

Wikipedia情報

松本 健一(まつもと けんいち、1946年1月22日 - 2014年11月27日)は、日本の評論家、思想家、作家、歴史家、思想史家。麗澤大学経済学部教授。 中国日本語研修センター教授を経て、麗澤大学経済学部教授、麗澤大学比較文明文化研究センター所長、一般財団法人アジア総合研究機構評議員議長、東日本国際大学客員教授。仙谷由人元内閣官房長官の大学時代の友人であり内閣官房参与(2010年10月 - 2011年9月。東アジア外交問題担当)を歴任。 群馬県生まれ。埼玉県立熊谷高等学校を経て、1968年東京大学経済学部卒業、旭硝子入社。翌年退職し法政大学大学院で近代日本文学を専攻。1971年、評伝『若き北一輝』で注目される。1974年博士課程満期退学、在野の評論家、歴史家として執筆を続ける。1983年中国・日本語研修センター教授。1994年麗澤大学経済学部教授。2009年麗澤大比較文明文化研究センター所長。 2010年10月 - 2011年9月内閣官房参与。 1995年『近代アジア精神史の試み』でアジア太平洋賞、1998年『日本の近代 第1巻 開国・維新』で吉田茂賞受賞、2005年『評伝 北一輝』全5巻で司馬遼太郎賞、毎日出版文化賞を受賞した。

受賞作一覧

2005

第59回毎日出版文化賞

2004

第8回司馬遼太郎賞