受賞作ドットジェイピー

溝口敦

Wikipedia情報

溝口 敦(みぞぐち あつし、1942年7月5日 - )は、日本のノンフィクション作家、ジャーナリスト。東京市浅草区(現・東京都台東区)生まれ。川崎市高津区育ち。本名:島田敬三。 日本における組織犯罪問題の第一人者。雑誌編集者として暴力団の取材に着手した20代なかば頃からというもの、“殺菌には日の光に晒すのが一番だそうだ”(米国最高裁判事ルイス・D・ブランダイス)をモットーに著述活動を継続。数多くの「ヤクザ」(暴力団)関連の著作を上梓してきた。 代表作にベストセラーの『暴力団』(2011年)や『食肉の帝王』(2003年)など。後者『食肉の帝王』では、第25回「講談社ノンフィクション賞」、「日本ジャーナリスト会議賞」、および「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞」の3賞を同時受賞している。(2003年)

受賞作一覧

2003

第25回講談社ノンフィクション賞

関連トピックス

並の直参とは胆力が違った…六代目山口組・高山清司若頭に問われる大局観|溝口敦の「斬り込み時評」 - 日刊ゲンダイDIGITAL