受賞作ドットジェイピー

阿修羅王

Wikipedia情報

(「阿修羅」に転送)

阿修羅(あしゅら、あすら、梵, 巴: asura)は、八部衆または二十八部衆(中国では二十八天)に属する、仏教の守護神。略して修羅(しゅら)ともいう。六道の一つであり、戦闘をこととする鬼類。五道には含まれないが、趣(gati)の一つとするときは「阿修羅道」である。 「阿修羅」は梵: asura(アスラ)の音写であり、阿須羅、阿素羅、阿素洛、阿須倫、阿須論、阿蘇羅 などとも書く。漢訳は非天、不端正。 阿修羅は、古代インドのアスラが仏教に取り入れられたものである。仏教以前においては位置付けに変遷があり(後述)、仏教内でも位置付けに諸説がある(後述)。阿修羅の住む世界を阿修羅道(修羅道)といい、衆生がその業の結果として輪廻転生する6種の世界である六道のうちの一つである(#阿修羅道(修羅道)を参照)。 阿修羅に関する逸話は、仏教の諸経の中に多くあり、帝釈天と戦うことがよく記されている。そこから、修羅場、修羅の巷、修羅の戦などの熟語ができた。

受賞作一覧

1999

第8回日本トンデモ本大賞