受賞作ドットジェイピー

ドリアン・グレイの肖像

ドリアン・グレイの肖像画像
ドリアン・グレイの肖像
(JAN: 4988182111164)
¥3,779
ハード・ハットフィールド

受賞一覧

1946

第18回アカデミー賞

第3回ゴールデングローブ賞

Wikipedia情報

『ドリアン・グレイの肖像』(ドリアン・グレイのしょうぞう、The Picture of Dorian Gray、1890年)は、オスカー・ワイルド唯一の長編小説(novel)作品。三度、映画化された。 あらすじ 友人の画家バジルのモデルとなった美青年ドリアン・グレイは、逆説家ヘンリー卿が紡ぎ出す自分の若さと美への賞賛、及び奔放な生活こそ最高の芸術だとする言葉に酔わされ、バジルの描いた肖像画を前にして、肖像画のほうが歳をとればいいのにと言いだす。 ヘンリー卿の言うとおりの生き方を始めたドリアンは、若い舞台女優シヴィルと恋に陥り婚約をする。しかし本当の恋を知ったため平凡な女優に成り下がってしまったシヴィルをドリアンは幻滅し捨ててしまう。その日、ドリアンはバジルから貰い受けた自分の肖像画が醜くなっていたのを見て驚く。シヴィルが自殺したのにヘンリー卿とオペラを見に行くドリアンをバジルは非難し、例の肖像画に変わったことはなかったかと問う。図星をつかれて驚いたドリアンは肖像画を屋根裏部屋に隠す。 それから20年後、バジルは、社交界の寵児ながら悪い噂も多いドリアンにそれらの噂を否定してくれと頼んでいた。