受賞作ドットジェイピー

平田俊子

Wikipedia情報

平田 俊子(ひらた としこ、1955年6月30日 - )は日本の詩人、小説家、劇作家。ブラックユーモアを多用した乾いた作風。 島根県隠岐島生まれ。父親が海上保安官であったことから、鳥取県境港市、福岡県北九州市、山口県徳山市などを転々とした。山口県立徳山高等学校、立命館大学文学部日本文学科卒業。大阪文学学校に学ぶ。1982年、「鼻茸」で第1回現代詩新人賞受賞。1998年、『ターミナル』で第39回晩翠賞受賞。1999年、「詩のボクシング 第3回世界ライト級王座決定戦」で白石かずこを破り第3代チャンピオン。2000年、舞台芸術創作奨励賞(現代演劇部門)。2001年、「甘い傷」で第45回岸田國士戯曲賞候補。2004年、『詩七日』で第12回萩原朔太郎賞受賞。2005年、『二人乗り』で第27回野間文芸新人賞受賞。2012年、立教大学文学部特任教授に就任。2015年、長田弘の後を受け、読売新聞「こどもの詩」担当者に就任。 作品リスト 詩集 『ラッキョウの恩返し』(1984年、思潮社 叢書・女性詩の現在) 『アトランティスは水くさい!』(1987年、書肆山田) 『夜ごとふとる女』(1991年、思潮社) 『(お)もろい夫婦』(1993年、思潮社) 『ターミナル』(1997年、思潮社) 『平田俊子詩集』現代詩文庫(1999年、思潮社) 『手紙、のち雨』(2000年、思潮社) 『詩七日』(2004年、思潮社) 『宝物』(2007年、書肆山田) 『戯れ言の自由』(2015年、思潮社) 小説 『ピアノ・サンド』2003年、講談社 のち文庫 ピアノ・サンド(『群像』2001年4月号) ブラック・ジャム(『群像』2001年10月号) 方南町の空―かなり長めの「あとがき」 『二人乗り』(2005年、講談社) 嵐子さんの岩(『群像』2003年8月号) 二人乗り(『群像』2004年6月号) エジソンの灯台(『群像』2005年3月号) 『さよなら、日だまり』(2007年、集英社) 初出:『すばる』2007年4月号 『殴られた話』講談社 2008 殴られた話(『群像』2005年12月号) キャミ(『群像』2007年1月号) 亀と学問のブルース(『群像』2007年11月号、雑誌掲載時「嘘つきペニス」) 『私の赤くて柔らかな部分』角川書店 2009 『スロープ』講談社、2010  戯曲集 『開運ラジオ』(2000年、毎日新聞社) (甘い傷、開運ラジオ) 随筆 『ふむふむ芸能人図鑑』横川功イラスト、1996年、花書院) 『きのうの雫』(2001年、平凡社) 『スバらしきバス』(2013年、幻戯書房) 共著 『日本語を生きる(21世紀文学の創造 別巻)』谷川俊太郎,高橋源一郎共著 岩波書店 2003。

受賞作一覧

2016

第26回紫式部文学賞

2005

第27回野間文芸新人賞

2004

第12回萩原朔太郎賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 紫式部文学賞に平田俊子さん - 産経ニュース 平田俊子さんの詩集「戯れ言の自由」に決定 - 毎日新聞 穂の国とよはし芸術劇場PLATプロデュース - ステージナタリー 詩、ってなに? 平田俊子編 - dot. 世田谷パブリックシアターが2018年度ラインナップを発表 - ステージナタリー 世田谷パブリックシアター、2018年度ラインアップ公開!KAATとの共同企画から地域密着プログラムまで - エンタステージ SPACE雑遊10周年&梟門1周年にアル カンパニー「(お)もろい夫婦」上演も - ナタリー 平田俊子/隔天 - 自由時報電子報 岡崎 武志・評『屋根をかける人』『低反発枕草子』ほか - 毎日新聞 絲山秋子さんと長嶋有さんに決まる - 毎日新聞