受賞作ドットジェイピー

早坂暁

Wikipedia情報

早坂 暁(はやさか あきら、男性、1929年8月11日 - )は、日本の小説家、脚本家。本名は富田祥資(とみた よしすけ)。愛媛県温泉郡北条町(現松山市)生まれ。 人物・略歴 遍路道の商家で生まれ育ち、幼少の頃からお遍路さんに接した。旧制松山中学を経て、海軍兵学校在学中に終戦。被爆直後の広島の惨状を目撃している。旧制松山高等学校卒業後、東大医学部に合格するも、医業に疑問を持ち入学せず、日本大学芸術学部演劇学科に進学し同校卒業。 新聞社編集長を経て、いけばな評論家として活躍。日本テレビで制作・放送された『ノンフィクション劇場』には、放送作家として全作品に関わる。その後1000本以上の映画やドラマの脚本、小説を手がけ、常に庶民の目線で独自の作風を築く。ドキュメンタリーや舞台脚本、演出も手がける。 代表作は『天下御免』『夢千代日記』『花へんろ』『ダウンタウン・ヒーローズ』『華日記・昭和生け花戦国史』『戦艦大和日記』など。必殺シリーズでは脚本をはじめ、オープニングナレーションも多数手掛けている。なかでも『必殺からくり人』の脚本は史実と虚・世相を織り交ぜながらの巧みなストーリとなっており、既存の必殺シリーズとは一線を画した内容で評価が高い。

受賞作一覧

1990

第9回新田次郎文学賞

第6回講談社エッセイ賞

1986

第4回向田邦子賞

1981

第25回エランドール賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 杉作J太郎(松山出身)主宰 刺激的「文化まつり」開催 - 愛媛新聞 早坂暁さん、中学生に遺した伝言 価値観凝縮の1千字 - 朝日新聞 脚本家・早坂暁さんが遺した1000文字に込めた平和への祈り - ニフティニュース 早坂暁の最後の作品をドラマ化『花へんろ特別編 春子の人形』8・4放送 - TV LIFE 「あなたたちに伝えたいこと」早坂暁さんメッセージ全文 - 朝日新聞 作家・脚本家の早坂暁さん死去 代表作「夢千代日記」 - 朝日新聞 「夢千代日記」の脚本家・早坂暁さん逝く 故・渥美清さんとは兄弟のような仲 - AERA dot. 早坂暁を探して~桃井かおりの暁さん遍路~ - 毎日新聞 芦田愛菜、早坂暁氏の最後の作品「花へんろ」に出演「思いを大事に丁寧に演じさせていただければ」 - スポーツニッポン 芦田愛菜 早坂暁さん遺作ドラマヒロイン「参加できうれしい」 - スポーツニッポン