受賞作ドットジェイピー

第11回カーネギー賞

Wikipedia情報

カーネギー賞(The Carnegie Medal)は、イギリスの図書館協会(CLIP:Chartered Institute of Library and Information Professionals)から贈られる児童文学賞である。 鋼鉄王といわれたアンドリュー・カーネギーが図書館の発展に寄与した業績をたたえて、1937年に創設された。 ピアソン慈善基金が後援している。 対象作は前年にイギリスで出版された英文の児童書で、1968年まではイギリス国籍の作家のものに限られていたが、現在は海外の作品も最初に出版されてから3ヶ月以内にイギリスで出版されれば対象となる。 同じイギリスの児童文学賞であるガーディアン賞は、対象がフィクションに限られ、一度受賞した作家の作品は対象外としているが、カーネギー賞は伝記などのノンフィクションものも対象とし、再受賞が可能である。 審査は、CLIPから選出された児童図書館司書が当たる。また、子供だけでなく教師や親の意見も反映される。 受賞作 2006年までは賞の名称に付く年数は出版年(実際の受賞はその翌年)であったが、2007年からは受賞年になった。

受賞作一覧

1946

第11回

関連トピックス

わたしの全てのわたしたち サラ・クロッサン著 - 東京新聞 日曜朝にニューヨークからのジャズを 配信コンサートシリーズ『NYからのラブレター』が配信決定 - http://spice.eplus.jp/ 鉄鋼王アンドリュー・カーネギーの生涯(11)職業人の誇り - クリスチャントゥデイ 津軽三味線小山流三代目・小山豊が放つ日本発のワールドミュージック!メジャーレーベル第一弾となるアルバム「obi」を8月12日にリリース - PR TIMES 言葉の“音”に合わせてフォントを変える。祖父江慎が解説『わたしの全てのわたしたち』装丁 | J-WAVE NEWS - J-WAVE NEWS 市川海老蔵主演の巡業が全国12カ所27公演にて決定!! - PR TIMES