受賞作ドットジェイピー

第5回サントリー学芸賞

Wikipedia情報

サントリー学芸賞(サントリーがくげいしょう)は、公益財団法人サントリー文化財団が主催する学術賞である。 1979年(昭和54年)に創設された。人文科学・社会科学の研究者が日本語で執筆して、日本国内で出版した著書が対象である。受賞者の国籍・職業は不問だが、受賞者には研究機関か大学の教員が多い。正賞は楯、副賞は200万円。同一人物による複数回の受賞はできない。また、物故者及び物故者の業績に対する遺族追賞はない。 文学賞は数多く存在するが、学術書を対象にした賞は数少なく、存在感と話題性がある。新人賞というわけではないが、若手の研究者が受賞することも多い。学際的なユニークな研究に対して贈られることも多い。 1994年(平成6年)に大塚英志が、手塚治虫と戦後漫画の深い関係性を論じた漫画論の集成『戦後まんがの表現空間 記号的身体の呪縛』で社会・風俗部門を受賞した。2002年(平成14年)に切通理作が、宮崎駿への壮大な批評的ラブレターとも言うべきアニメ論『宮崎駿の〈世界〉』で同部門を受賞した。

受賞作一覧

1983

第5回

関連トピックス

仏文学者・鹿島茂さん バブル期に古書で背負った大借金 - 日本経済新聞 中国が世界に誇るべき作家、閻連科とは、素晴らしい「異なる音」なのだ―閻連科『丁庄の夢』沼野 充義による書評(ALL REVIEWS) - Yahoo!ニュース 君塚 直隆 プロフィール - 文春オンライン 【通崎好みつれづれ】お彼岸ならでは「五色おはぎ」 - 産経ニュース 早生まれは高校入試にも影響!? 東大教授が説く「不利のはね返し方」(朝日新聞EduA) - Yahoo!ニュース 違法ではないが…新・菅政権の核心「自助」の源流を作った竹中平蔵のズルさとは - 文春オンライン