受賞作ドットジェイピー

サントリー学芸賞

Wikipedia情報

サントリー学芸賞(サントリーがくげいしょう)は、公益財団法人サントリー文化財団が主催する学術賞である。 1979年(昭和54年)に創設された。人文科学・社会科学の研究者が日本語で執筆して、日本国内で出版した著書が対象である。受賞者の国籍・職業は不問だが、受賞者には研究機関か大学の教員が多い。正賞は楯、副賞は200万円。同一人物による複数回の受賞はできない。また、物故者及び物故者の業績に対する遺族追賞はない。 文学賞は数多く存在するが、学術書を対象にした賞は数少なく、存在感と話題性がある。新人賞というわけではないが、若手の研究者が受賞することも多い。学際的なユニークな研究に対して贈られることも多い。 1994年(平成6年)に大塚英志が、手塚治虫と戦後漫画の深い関係性を論じた漫画論の集成『戦後まんがの表現空間 記号的身体の呪縛』で社会・風俗部門を受賞した。2002年(平成14年)に切通理作が、宮崎駿への壮大な批評的ラブレターとも言うべきアニメ論『宮崎駿の〈世界〉』で同部門を受賞した。

受賞作一覧

2019

第41回

2018

第40回

2017

第39回

2016

第38回

2015

第37回

2014

第36回

2013

第35回

2012

第34回

2011

第33回

2010

第32回

2009

第31回

2008

第30回

2007

第29回

2006

第28回

2005

第27回

2004

第26回

2003

第25回

2002

第24回

2001

第23回

2000

第22回

1999

第21回

1998

第20回

1997

第19回

1996

第18回

1995

第17回

1994

第16回

1993

第15回

1992

第14回

1991

第13回

1990

第12回

1989

第11回

1988

第10回

1987

第9回

1986

第8回

1985

第7回

1984

第6回

1983

第5回

1982

第4回

1981

第3回

1980

第2回

1979

第1回

関連トピックス

菅首相が学術会議の任命を拒否した6人はこんな人 安保法制、特定秘密保護法、辺野古などで政府に異論 - 東京新聞 仏文学者・鹿島茂さん バブル期に古書で背負った大借金 - 日本経済新聞 大衆はなぜ田中角栄、池田大作、松本清張を支持したか? 『「勤労青年」の教養文化史 』 | J-CAST BOOKウォッチ - BOOKウォッチ 発言:人の不幸に目を向ける時=河合祥一郎・日本シェイクスピア協会会長 - 毎日新聞 君塚 直隆 プロフィール - 文春オンライン 【通崎好みつれづれ】お彼岸ならでは「五色おはぎ」 - 産経ニュース 中沢新一が語る、富士山信仰と日本の歴史。 - VOGUE JAPAN 中国が世界に誇るべき作家、閻連科とは、素晴らしい「異なる音」なのだ―閻連科『丁庄の夢』沼野 充義による書評(ALL REVIEWS) - Yahoo!ニュース