受賞作ドットジェイピー

サントリー学芸賞

Wikipedia情報

サントリー学芸賞(サントリーがくげいしょう)は、公益財団法人サントリー文化財団が主催する学術賞である。 1979年(昭和54年)に創設された。人文科学・社会科学の研究者が日本語で執筆して、日本国内で出版した著書が対象である。受賞者の国籍・職業は不問だが、受賞者には研究機関か大学の教員が多い。正賞は楯、副賞は200万円。同一人物による複数回の受賞はできない。また、物故者及び物故者の業績に対する遺族追賞はない。 文学賞は数多く存在するが、学術書を対象にした賞は数少なく、存在感と話題性がある。新人賞というわけではないが、若手の研究者が受賞することも多い。学際的なユニークな研究に対して贈られることも多い。 1994年(平成6年)に大塚英志が、手塚治虫と戦後漫画の深い関係性を論じた漫画論の集成『戦後まんがの表現空間 記号的身体の呪縛』で社会・風俗部門を受賞した。2002年(平成14年)に切通理作が、宮崎駿への壮大な批評的ラブレターとも言うべきアニメ論『宮崎駿の〈世界〉』で同部門を受賞した。

受賞作一覧

2019

第41回

2018

第40回

2017

第39回

2016

第38回

2015

第37回

2014

第36回

2013

第35回

2012

第34回

2011

第33回

2010

第32回

2009

第31回

2008

第30回

2007

第29回

2006

第28回

2005

第27回

2004

第26回

2003

第25回

2002

第24回

2001

第23回

2000

第22回

1999

第21回

1998

第20回

1997

第19回

1996

第18回

1995

第17回

1994

第16回

1993

第15回

1992

第14回

1991

第13回

1990

第12回

1989

第11回

1988

第10回

1987

第9回

1986

第8回

1985

第7回

1984

第6回

1983

第5回

1982

第4回

1981

第3回

1980

第2回

1979

第1回

関連トピックス

緊急寄稿!新型コロナウィルス危機の今だからこそ知りたい、考えたい〈介護という仕事のリアル〉#2 | 「読み物(本・小説)」 | 「特集(本・小説)」 - カドブン そこが聞きたい:天皇と戸籍=政治学者・遠藤正敬氏 - 毎日新聞 SDGs社会だった江戸。法政大・田中優子氏が語る「現代の閉塞感を破るヒント」 - Business Insider Japan サントリー文化財団 2019年度 海外出版助成の決定 〔 サントリーホールディングス 〕 - jpubb.com 2020年3月26日発売の幻冬舎新書|幻冬舎新書・これから出る本|幻冬舎編集部 - gentosha.jp 【上野千鶴子さん】親が子供に伝え続けるべき「人生論」とは(webマガジン mi-mollet) - Yahoo!ニュース 【通崎好みつれづれ】ピアノ調律師の技 - 産経ニュース 【文庫双六】巧妙な罠と意外な結末 異色のフレンチ・ミステリ――川本三郎(Book Bang) - Yahoo!ニュース 子どもが「本当にやりたいこと」に辿りつけるように! 豪華教授陣が“生きざま”を明かした『スタディサプリ 三賢人の学問探究ノート』が好評! - ダ・ヴィンチニュース 2020年4月6日、株式会社ゲンロンは創業10周年を迎えます。 - PR TIMES 声をつないで:国際女性デー2020 田嶋陽子さん×上野千鶴子さん 対談<前編> 三十数年ぶりの再会 - 毎日新聞 小泉 悠 プロフィール - 文春オンライン 柴田 元幸 プロフィール - 文春オンライン 阿部 公彦 プロフィール - 文春オンライン