受賞作ドットジェイピー

サントリー学芸賞

Wikipedia情報

サントリー学芸賞(サントリーがくげいしょう)は、公益財団法人サントリー文化財団が主催する学術賞である。 1979年(昭和54年)に創設された。人文科学・社会科学の研究者が日本語で執筆して、日本国内で出版した著書が対象である。受賞者の国籍・職業は不問だが、受賞者には研究機関か大学の教員が多い。正賞は楯、副賞は200万円。同一人物による複数回の受賞はできない。また、物故者及び物故者の業績に対する遺族追賞はない。 文学賞は数多く存在するが、学術書を対象にした賞は数少なく、存在感と話題性がある。新人賞というわけではないが、若手の研究者が受賞することも多い。学際的なユニークな研究に対して贈られることも多い。 1994年(平成6年)に大塚英志が、手塚治虫と戦後漫画の深い関係性を論じた漫画論の集成『戦後まんがの表現空間 記号的身体の呪縛』で社会・風俗部門を受賞した。2002年(平成14年)に切通理作が、宮崎駿への壮大な批評的ラブレターとも言うべきアニメ論『宮崎駿の〈世界〉』で同部門を受賞した。

受賞作一覧

2019

第41回

2018

第40回

2017

第39回

2016

第38回

2015

第37回

2014

第36回

2013

第35回

2012

第34回

2011

第33回

2010

第32回

2009

第31回

2008

第30回

2007

第29回

2006

第28回

2005

第27回

2004

第26回

2003

第25回

2002

第24回

2001

第23回

2000

第22回

1999

第21回

1998

第20回

1997

第19回

1996

第18回

1995

第17回

1994

第16回

1993

第15回

1992

第14回

1991

第13回

1990

第12回

1989

第11回

1988

第10回

1987

第9回

1986

第8回

1985

第7回

1984

第6回

1983

第5回

1982

第4回

1981

第3回

1980

第2回

1979

第1回

関連トピックス

東大・山口慎太郎教授が語る「在宅勤務で家族の幸福度は上がる」 - 日経ビジネス電子版 (語る 人生の贈りもの)御厨貴:11 知見が役立つかも、多様な活動へ - 朝日新聞社 日本の大学改革のあるべき姿。そのカギは9月入学ではなく、より柔軟な「クォーター制」導入にあり! 元大阪大学准教授・サントリー学芸賞受賞の筆者が、日本の教育・社会のシステムに切り込む! - ストレートプレス 読書日記:著者のことば 「勤労青年」の教養文化史 福間良明さん 実利超え「知」求めた肉声 - 毎日新聞 まるでジブリの世界!?自然と調和する空間造形を手掛ける建築家・藤森照信に迫る<情熱大陸>(ザテレビジョン) - Yahoo!ニュース コロナで変わる?「女は家庭・男は仕事」…父親の育休取得、テレワークで増えるか - 読売新聞 風知草:転換期の「安保」=山田孝男 - 毎日新聞 NHKドラマ「心の傷を癒すということ」DVD(9月1日「防災の日」発売予定)に、精神科医・安 克昌さんの生き様を描いたドキュメンタリーが収録決定! - PR TIMES 【通崎好みつれづれ】時代を映す「エール」 - 産経ニュース 【人生100年時代を生きる】養老孟司(解剖学者・82歳)「"自然"から学び、自分を変えていこう」 | サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイト - serai.jp 「子供が3歳まで母親は家にいたほうがいい」は大間違いだった(2020年7月3日)|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース 森健の現代をみる:香港問題の背景と展望 今回のゲスト 倉田徹さん - 毎日新聞