受賞作ドットジェイピー

講談社ノンフィクション賞

Wikipedia情報

講談社ノンフィクション賞(こうだんしゃノンフィクションしょう)は講談社が主催するノンフィクションを対象とした文学賞である。1979年創始され、毎年9月に講談社エッセイ賞とともに発表される。副賞100万円。 歴代受賞作 第1回 (1979年) 柳田邦男『ガン回廊の朝』(講談社) 立花隆『日本共産党の研究 上・下』(講談社) 第2回 (1980年) 亀井宏『ガダルカナル戦記 1・2・3』(光人社) 第3回 (1981年) 平尾和雄『ヒマラヤ・スルジェ館物語』(講談社) 大村幸弘『鉄を生みだした帝国』(日本放送出版協会) 第4回 (1982年) 徳永進『死の中の笑み』(ゆるみ出版) 松下竜一『ルイズ-父に貰いし名は』(講談社) 第5回 (1983年) 塩田潮『霞が関が震えた日』(サイマル出版会) 第6回 (1984年) 本田靖春『不当逮捕』(講談社) 第7回 (1985年) 関川夏央『海峡を越えたホームラン』(双葉社) 第8回 (1986年) 長尾三郎『マッキンリーに死す』(講談社) 塚本哲也『ガンと戦った昭和史 上・下』(文藝春秋) 第9回 (1987年) 吉岡忍『墜落の夏 日航123便事故全記録』(新潮社) 第10回 (1988年) 三神真彦『わがままいっぱい名取洋之助』(筑摩書房) 第11回 (1989年) 辺見じゅん『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』(文藝春秋) 大泉実成『説得 エホバの証人と輸血拒否事件』(現代書館) 第12回 (1990年) 後藤正治『遠いリング』(講談社) 木村裕主『ムッソリーニを逮捕せよ』(新潮社) 第13回 (1991年) 工藤美代子『工藤写真館の「昭和」』(朝日新聞社) 高橋幸春『蒼氓の大地』(講談社) 第14回 (1992年) 野田正彰『喪の途上にて 大事故遺族の悲哀の研究』(岩波書店) 渡瀬夏彦『銀の夢 オグリキャップに賭けた人々』(講談社) 第15回 (1993年) 井田真木子『小蓮の恋人』(文藝春秋) 立石泰則『覇者の誤算 上・下』(日本経済新聞社) 第16回 (1994年) 下嶋哲朗『アメリカ国家反逆罪』(講談社) 辺見庸『もの食う人びと』(共同通信社) 第17回 (1995年) 岩川隆『孤島の土となるとも BC級戦犯裁判』(講談社) 合田彩『逃(Tao) 異端の画家・曹勇の中国大脱出』(文藝春秋) 第18回 (1996年) 岩上安身『あらかじめ裏切られた革命』(講談社) 第19回 (1997年) 野村進『コリアン世界の旅』(講談社) 山田和『インド ミニアチュール幻想』(平凡社) 第20回 (1998年) 北島行徳『無敵のハンディキャップ 障害者が「プロレスラー」になった日』(文藝春秋) 中村智志『段ボールハウスで見る夢』(草思社) 第21回 (1999年) 高沢皓司『宿命 「よど号」亡命者たちの秘密工作』(新潮社) 第22回 (2000年) ドウス昌代『イサム・ノグチ 宿命の越境者 上・下』(講談社) 高山文彦『火花 北条民雄の生涯』(飛鳥新社) 第23回 (2001年) 大崎善生『将棋の子』(講談社) 第24回 (2002年) 斎藤道雄『悩む力 べてるの家の人々』(みすず書房) 高木徹『ドキュメント戦争広告代理店』(講談社) 第25回 (2003年) 溝口敦『食肉の帝王』(講談社) 渡辺一史『こんな夜更けにバナナかよ』(北海道新聞社) 第26回 (2004年) 岩瀬達哉『年金大崩壊』(講談社)『年金の悲劇--老後の安心はなぜ消えたか』(講談社) 魚住昭『野中広務 差別と権力』(講談社) 第27回(2005年) 奥野修司『ナツコ 沖縄密貿易の女王』(文藝春秋) 中川一徳『メディアの支配者』(講談社) 第28回(2006年) 沢木耕太郎『凍(とう)』(新潮社) 田草川弘『黒澤明VS.ハリウッド 「トラ・トラ・トラ!」その謎のすべて』(文藝春秋) 第29回(2007年) 最相葉月『星新一 一〇〇一話をつくった人』(新潮社) 鈴木敦秋『明香ちゃんの心臓 (検証)東京女子医大病院事件』(講談社) 第30回(2008年) 城戸久枝『あの戦争から遠く離れて 私につながる歴史をたどる旅』(情報センター出版局) 西岡研介『マングローブ テロリストに乗っ取られたJR東日本の真実』(講談社) 原武史『滝山コミューン一九七四』(講談社) 第31回(2009年) 佐野眞一『甘粕正彦 乱心の曠野』(新潮社) 第32回(2010年) 中田整一『トレイシー 日本兵捕虜秘密尋問所』(講談社) 堀川惠子『死刑の基準-『永山裁判』が遺したもの』(日本評論社) 第33回(2011年) 角岡伸彦『カニは横に歩く 自立障害者たちの半世紀』(講談社) 森達也『A3(エースリー)』(集英社インターナショナル) 第34回(2012年) 大鹿靖明『メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故』(講談社) 安田浩一『ネットと愛国 在特会の『闇』を追いかけて』(講談社) 第35回(2013年) 角幡唯介『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』(集英社) 高野秀行『謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア』(本の雑誌社) 第36回(2014年) 清武英利『しんがり 山一證券 最後の12人』(講談社) 第37回(2015年) 眞並恭介『牛と土 福島、3.11その後。

受賞作一覧

2019

第41回

2018

第40回

2017

第39回

2016

第38回

2015

第37回

2014

第36回

2013

第35回

2012

第34回

2011

第33回

2010

第32回

2009

第31回

2008

第30回

2007

第29回

2006

第28回

2005

第27回

2004

第26回

2003

第25回

2002

第24回

2001

第23回

2000

第22回

1999

第21回

1998

第20回

1997

第19回

1996

第18回

1995

第17回

1994

第16回

1993

第15回

1992

第14回

1991

第13回

1990

第12回

1989

第11回

1988

第10回

1987

第9回

1986

第8回

1985

第7回

1984

第6回

1983

第5回

1982

第4回

1981

第3回

1980

第2回

1979

第1回

関連トピックス

あなたはどう生きたい? どう死にたい? スイスで安楽死した日本人女性の姿から考える安楽死問題 - ダ・ヴィンチニュース 山口組のハロウィンお菓子 もらわぬよう警察が圧力 - BLOGOS 訃報:和田誠さん 83歳=イラストレーター - 毎日新聞 福島の廃炉作業、ヤクザがいないと進まない現実:イザ! - iza(イザ!) SUNDAY LIBRARY:工藤 美代子・評『アウシュヴィッツのタトゥー係』へザー・モリス/著 - 毎日新聞 災害を重視するヤクザが千葉の台風被災地に来なかった理由 - BLOGOS なぜドラフト4位はプロで活躍するのか? 球史に名を刻んだ男たち、成功の分岐点――書籍『ドラヨン』が10月16日に発売 - 株式会社カンゼン 「FM Festival2019 未来授業~明日の日本人たちへ~」 公開対談 新ゲスト情報!藤島皓介(宇宙生物学者・東京工業大学 地球生命研究所 特任准教授)×茂木健一郎(脳科学者) - 時事通信