受賞作ドットジェイピー

第1回中央公論文芸賞

Wikipedia情報

中央公論文芸賞(ちゅうおうこうろんぶんげいしょう)は、中央公論新社が創業120周年を記念して2006年に創設した文学賞である。受賞者には正賞として記念品、副賞100万円が授与される。 2001年に創設された婦人公論文芸賞を発展させた形の賞で、第一線で活躍する中堅以上の作家のエンターテインメント作品を対象としている。また、選考各年度に各出版社から上梓された作品を対象としており、対象期間は前年7月から当年6月までとなっている。 第1回の選考会が東京都内で開かれ、2006年8月28日に浅田次郎の短編集『お腹召しませ』が第1回受賞作品に決定したと発表された。第1回以来、8月下旬に選考結果が発表され、約2か月後の10月20日頃に東京都千代田区丸の内のパレスホテル東京で贈呈式が行われている。第1回から第5回までの選考委員は渡辺淳一、林真理子、鹿島茂の3名で、第6回から浅田次郎が加わり4名となった。受賞作の選評は『婦人公論』10月22日発行号に掲載される。

受賞作一覧

2006

第1回

関連トピックス

作家・吉田修一が語る「前進を忘れないグッチの粋」:アエラスタイルマガジン - 朝日新聞デジタル 愛猫家の作家・村山由佳さんが猫たちと生出演!ライブ配信イベント参加券付き書籍をhonto本の通販サイトで独占販売! - PR TIMES 「小さな声に耳傾けたい」 小林秀雄賞・岡田さん語る:朝日新聞デジタル - 朝日新聞デジタル 桜木紫乃が描くダークヒロイン。「死に場所を求め、生きる女」の人生の後始末。 - ニフティニュース 「脳内トラベル台湾」トークイベントで、作家・乃南アサさんが語った“ユニークな台湾取材エピソード”とは? - ライブドアニュース - livedoor 図書カード最大1万円分があたる!「レビュアー大賞2021」エントリー開始 - ほんのひきだし