受賞作ドットジェイピー

中央公論文芸賞

Wikipedia情報

中央公論文芸賞(ちゅうおうこうろんぶんげいしょう)は、中央公論新社が創業120周年を記念して2006年に創設した文学賞である。受賞者には正賞として記念品、副賞100万円が授与される。 2001年に創設された婦人公論文芸賞を発展させた形の賞で、第一線で活躍する中堅以上の作家のエンターテインメント作品を対象としている。また、選考各年度に各出版社から上梓された作品を対象としており、対象期間は前年7月から当年6月までとなっている。 第1回の選考会が東京都内で開かれ、2006年8月28日に浅田次郎の短編集『お腹召しませ』が第1回受賞作品に決定したと発表された。第1回以来、8月下旬に選考結果が発表され、約2か月後の10月20日頃に東京都千代田区丸の内のパレスホテル東京で贈呈式が行われている。第1回から第5回までの選考委員は渡辺淳一、林真理子、鹿島茂の3名で、第6回から浅田次郎が加わり4名となった。受賞作の選評は『婦人公論』10月22日発行号に掲載される。

受賞作一覧

2021

第16回

2020

第15回

2019

第14回

2018

第13回

2017

第12回

2016

第11回

2015

第10回

2014

第9回

2013

第8回

2012

第7回

2011

第6回

2010

第5回

2009

第4回

2008

第3回

2007

第2回

2006

第1回

関連トピックス

浅田次郎が「架空の母」崇める還暦男女を描いた訳 | 読書 - 東洋経済オンライン 断捨離を突き詰めたミニマリストの夫婦が姿を消した…20年超をかけて解き明かされる「岬に消えた人々の謎」(2022年1月17日)|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース 「本屋大賞」今回の候補はこの10作品 受賞作はどれだ(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 大人の恋愛小説大賞、第1回受賞作に島本さん:朝日新聞デジタル - 朝日新聞デジタル