受賞作ドットジェイピー

中央公論文芸賞

Wikipedia情報

中央公論文芸賞(ちゅうおうこうろんぶんげいしょう)は、中央公論新社が創業120周年を記念して2006年に創設した文学賞である。受賞者には正賞として記念品、副賞100万円が授与される。 2001年に創設された婦人公論文芸賞を発展させた形の賞で、第一線で活躍する中堅以上の作家のエンターテインメント作品を対象としている。また、選考各年度に各出版社から上梓された作品を対象としており、対象期間は前年7月から当年6月までとなっている。 第1回の選考会が東京都内で開かれ、2006年8月28日に浅田次郎の短編集『お腹召しませ』が第1回受賞作品に決定したと発表された。第1回以来、8月下旬に選考結果が発表され、約2か月後の10月20日頃に東京都千代田区丸の内のパレスホテル東京で贈呈式が行われている。第1回から第5回までの選考委員は渡辺淳一、林真理子、鹿島茂の3名で、第6回から浅田次郎が加わり4名となった。受賞作の選評は『婦人公論』10月22日発行号に掲載される。

受賞作一覧

2021

第16回

2020

第15回

2019

第14回

2018

第13回

2017

第12回

2016

第11回

2015

第10回

2014

第9回

2013

第8回

2012

第7回

2011

第6回

2010

第5回

2009

第4回

2008

第3回

2007

第2回

2006

第1回

関連トピックス

「こんな女は嫌だ」の男性目線に奮起した女たちの文学賞、休止 - 毎日新聞 龍潭のほとりで生まれた詩、推敲50年 初詩集で受賞 山之口貘賞の林慈さん「誰でも読める詩を」の思い続け - Au Webポータル 付加価値PRで大人気小説に 「知識がついて元気も出る! 絶対〝元〟が取れちゃう」 中央公論新社「三千円の使いかた」(中公文庫)(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 中島京子「夢見る帝国図書館」 東京・上野 - 日本経済新聞 堅い印象の裁判所で人間らしい仕事 真実を導き出す努力と姿勢が並大抵ではない「家裁調査官」 作家・乃南アサさん(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース おとなの週末:「勇気凜凜ルリの色」セレクト(35)「脂肪肝について」 - 毎日新聞 書店読売中公会 「螺旋プロジェクト」文庫化 第二弾も発表 『三千円の使いかた』100万部へプロジェクト始動 - 文化通信 本木雅弘よりメッセージコメント動画到着 『ジェラール・フィリップ 最後の冬』で吹替担当(クランクイン!) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 『ジェラール・フィリップ 最後の冬』 ナレーション本木雅弘のメッセージコメント動画公開 - リアルサウンド