受賞作ドットジェイピー

吉川英治文庫賞

Wikipedia情報

吉川英治文庫賞(よしかわえいじぶんこしょう)は、公益財団法人吉川英治国民文化振興会が主宰し、講談社が後援する文学賞。シリーズ大衆小説が対象。 2016年、吉川英治文学賞・吉川英治文化賞が第50回の節目を迎えるのを機に創設。 5巻以上続くシリーズ大衆小説のうち、12月1日から翌年11月30日までに5巻目以降が一次文庫で刊行されたものが対象となる。選考は、講談社を含む出版社の代表各社1名、識者、出版流通関係者など約50人で構成される選考委員の投票によって決定される。最終選考の開票には、選考委員に加えて前回受賞者(第1回は森村誠一)と逢坂剛が立会人(第1回は吉川英治国民文化振興会理事長の吉川英明)として立ち会う。

受賞作一覧

2022

第7回

2021

第6回

2020

第5回

2019

第4回

2018

第3回

2017

第2回

2016

第1回

関連トピックス

「十二国記」公式ガイドブック 30年愛され続ける唯一無二の物語の秘密(レビュー)(Book Bang) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 高橋克実の映画初主演!直木賞作家・奥田英朗原作『向田理髪店』(光文社文庫)が待望の映画化、10月14日(金)より公開! - PR TIMES 【歌って踊って梅干しも漬ける!】直木賞候補にもなったジャニーズのアイドルが雑誌を責任編集!?【妄想爆発!ジャニオタ推し活ガイド⑱】 | - ヨムーノ 乱読御免:面白さの極み 『甲賀忍法帖』=今村翔吾 - 毎日新聞 宮尾登美子「蔵」 新潟市 - 日本経済新聞