受賞作ドットジェイピー

日経小説大賞

Wikipedia情報

日経小説大賞(にっけいしょうせつたいしょう)は、日本経済新聞社の主催により2回にわたって行われた文学賞。2006年、日本経済新聞の創刊130年を記念して募集された。大賞、中編小説賞とも2008年をもって終了した。
第1回(2006年) 武谷牧子 「テムズのあぶく」
佳作 三輪太郎 「ポル・ポトの掌」
第2回(2008年)萩耿介 「松林図屏風」
中編小説賞 野崎雅人 「フロンティア、ナウ」
第1回 阿刀田高、川村湊、高樹のぶ子、津本陽、辻原登、縄田一男
かつて存在した日本の文学賞
日本経済新聞社主催の賞 しようせつたいしよう

受賞作一覧

2008

第2回

2007

第1回

関連トピックス

【ニューエンタメ書評】西條奈加『わかれ縁』、岡本さとる『熱血一刀流〈一〉』ほか(Book Bang) - Yahoo!ニュース 大泉洋、初の男優1位 菅田将暉・佐藤健がトップ10|エンタメ!|NIKKEI STYLE - 日本経済新聞 YOASOBIの「夜に駆ける」、なぜ人気? 若者の心を掴んだ舞台裏 - 日経クロストレンド 受賞作品は書籍化・コミカライズのチャンス!恋愛チャット小説投稿大賞「第2回キスミル大賞」 7月1日(水)より応募受付開始! - PR TIMES