受賞作ドットジェイピー

東野圭吾

Wikipedia情報

東野 圭吾(ひがしの けいご、1958年2月4日 - )は、日本の小説家。大阪府大阪市生野区生まれ(本籍は東区玉造・現中央区)。本名同じ。 学生時代 1958年、大阪市生野区に生まれる。当時の街が1999年に刊行された『白夜行』や『浪花少年探偵団』シリーズの舞台となっているなど、作品には自身の体験が幅広く取り入れられている。また、東野という名字は、最初は「とうの」と読んでいたが、圭吾の父親が「ひがしの」と読み方を変えたらしい。以来その地で育ち、大阪市立小路小学校、大阪市立東生野中学校に進学。この頃の体験などを綴った自身のエッセイ『あの頃僕らはアホでした』などによると、成績は「オール3」であり、また読書少年でもなかった。 その後大阪府立阪南高等学校に入学し、2年生になった1974年、偶然手に取った小峰元『アルキメデスは手を汚さない』を読み、推理小説に初めて嵌る。同時に江戸川乱歩賞の存在を知り、さらに松本清張の著作を読み漁るようになり、やがて推理小説を書き始める。

受賞作一覧

2015

第8回大学読書人大賞

2014

第48回吉川英治文学賞

2013

第26回柴田錬三郎賞

2012

第7回中央公論文芸賞

2010

第7回本屋大賞

2009

第6回本屋大賞

第2回大学読書人大賞

2006

第3回本屋大賞

第134回直木賞

第6回本格ミステリ大賞

1999

第52回日本推理作家協会賞

1985

第31回江戸川乱歩賞

関連トピックス

「人殺しの話ばかり書いていると……」東野圭吾の新作エンタメ 世界同時発売(Book Bang) - Yahoo!ニュース 中国語の語彙力を飛躍的に伸ばす方法 村上春樹や東野圭吾の中国語版を多読 - 財経新聞 ベストセラーズ~3月第3週~ - 岩手日報 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」に、演出の磯村純「奇蹟を起こす瞬間に全てをかけて」(公演レポート / コメントあり) - ナタリー 韓国で最も人気があるおすすめ日本ドラマはこれだ!歴代ランキングTOP25!【最新版】(2020年4月1日)|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース 香港の周庭さん、宮藤官九郎の新型コロナ感染報道に『流星の絆』を思いつつ早期回復祈る - ニコニコニュース 村上春樹作品の翻訳家が7つのテーマで選ぶ「日本小説の秀作」:『ペンギン・ブックスが選んだ日本の名短篇29』 - ほんのひきだし 'N番部屋事件'で再び注目を浴びたある韓国映画 - ダンミ