受賞作ドットジェイピー

第6回本格ミステリ大賞

Wikipedia情報

本格ミステリ大賞(ほんかくみすてりたいしょう、2001年 - )は、本格ミステリ作家クラブが主催する推理小説の賞。本格ミステリというジャンルの発展のため、年間の最優秀作品(小説部門、評論・研究部門)を表彰している。候補作を全て読んだ本格ミステリ作家クラブ会員の投票によって決まり、選評はすべて公開される。正賞として京極夏彦がデザインしたトロフィーが授与される。 毎年1月末に本格ミステリ作家クラブ会員のアンケートを集計し、予選委員が候補作5作を選定(例年2月に発表)。5月までに会員は候補作を全て読んだ上で、選評を付けて投票し、5月中旬の公開開票式で大賞が決定する。授賞式は6月中旬に行われる。会員の選評はすべて雑誌『ジャーロ』(光文社)、および公式サイトに掲載される。 選考対象は単行本化された作品に限り(評論・研究部門では雑誌等に発表されたものも含む)、短編の優秀作品については、講談社ノベルスから刊行されるアンソロジー「本格ミステリ○○ 20○○年本格短編ベスト・セレクション」の収録作として選出される。

受賞作一覧

2006

第6回

関連トピックス

ミステリ界に現れた超新星! 本格ミステリ大賞&日本推理作家協会賞の候補作『教室が、ひとりになるまで』大ボリューム試し読み! 第1回 | 教室が、ひとりになるまで | 「試し読み(本・小説)」 - カドブン 『medium』の次に読むべき作品はこちら! 二重の謎というこだわりを追求した学園本格ミステリーー 『マツリカ・マトリョシカ』文庫化記念、相沢沙呼インタビュー | 「インタビュー(本・小説)」一覧 | 「特集(本・小説)」 - カドブン これは手品か! 若き霊媒女性が犯人を名指しする 『medium 霊媒探偵城塚翡翠』 | J-CAST BOOKウォッチ - J-CASTニュース 極限状態での殺人が招く悲劇と謎――第二次世界大戦中のビルマを舞台に描く本格ミステリ『いくさの底』 | 「レビュー(本・小説)」 - カドブン 【「本屋大賞2020」候補作紹介】『medium霊媒探偵城塚翡翠』――「すべてが、伏線」美少女霊媒師と推理作家コンビが難事件に挑む(BOOKSTAND) - Yahoo!ニュース 【エンドレス・スリープ刊行記念】辻 寛之インタビュー「謎が解けた時にテーマを浮かび上がらせたい」(本がすき。) - Yahoo!ニュース 昔ばなしが悪意と毒に満ちた「寓話」に 『むかしむかしあるところに、死体がありました。』 | J-CAST BOOKウォッチ - J-CASTニュース 相沢沙呼さんが読んできた本たち 作家の読書道:第215回|好書好日 - asahi.com 代表作といえばやはり『アンナチュラル』?石原さとみ出演の人気ドラマ10選 | FILMAGA(フィルマガ) - FILMAGA by Filmarks にじめんユーザーが選んだ「期待している春アニメ」アンケート結果発表! - ニコニコニュース