受賞作ドットジェイピー

本格ミステリ大賞

Wikipedia情報

本格ミステリ大賞(ほんかくみすてりたいしょう、2001年 - )は、本格ミステリ作家クラブが主催する推理小説の賞。本格ミステリというジャンルの発展のため、年間の最優秀作品(小説部門、評論・研究部門)を表彰している。候補作を全て読んだ本格ミステリ作家クラブ会員の投票によって決まり、選評はすべて公開される。正賞として京極夏彦がデザインしたトロフィーが授与される。 毎年1月末に本格ミステリ作家クラブ会員のアンケートを集計し、予選委員が候補作5作を選定(例年2月に発表)。5月までに会員は候補作を全て読んだ上で、選評を付けて投票し、5月中旬の公開開票式で大賞が決定する。授賞式は6月中旬に行われる。会員の選評はすべて雑誌『ジャーロ』(光文社)、および公式サイトに掲載される。 選考対象は単行本化された作品に限り(評論・研究部門では雑誌等に発表されたものも含む)、短編の優秀作品については、講談社ノベルスから刊行されるアンソロジー「本格ミステリ○○ 20○○年本格短編ベスト・セレクション」の収録作として選出される。

受賞作一覧

2019

第19回

2018

第18回

2017

第17回

2016

第16回

2015

第15回

2014

第14回

2013

第13回

2012

第12回

2011

第11回

2010

第10回

2009

第9回

2008

第8回

2007

第7回

2006

第6回

2005

第5回

2004

第4回

2003

第3回

2002

第2回

2001

第1回

関連トピックス

2020年本屋大賞ノミネート10作をざっくり紹介(飯田一史) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース ヒット作多数は「たまたまです」!?『虚構推理』城平京が語る秘話(FRIDAY) - Yahoo!ニュース 年末年始の文芸書ベストセラー、伝統を更新するミステリー『medium 霊媒探偵城塚翡翠』と『魔眼の匣の殺人』に注目(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース ミステリーランキングで3冠達成! 超話題作『medium』が生まれるまで - music.jpニュース 角田陽一郎×乙一(小説家・映画監督)「アニメ作品をのめり込んで見たのは『新世紀エヴァンゲリオン』が初めてでした」(週プレNEWS) - Yahoo!ニュース 角田陽一郎×乙一(小説家・映画監督)「怖がりだからこそ、ホラー作品がつくれる」(週プレNEWS) - Yahoo!ニュース ニッポンの物流を変えた伝説の経営者の謎。小学館文庫『小倉昌男 祈りと経営 ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの』 - PR TIMES 工藤阿須加主演『連続殺人鬼カエル男』 役作りのイメージは「ブラピ」:紀伊民報AGARA - 紀伊民報 大泉洋主演映画「騙し絵の牙」12人の超豪華追加キャスト発表 - GetNavi web 名所定着へ準備着々 日南飫肥杉ミステリーサークル - 宮崎日日新聞 2020年1月15日の映画ニュース - エイガドットコム