受賞作ドットジェイピー

本格ミステリ大賞

Wikipedia情報

本格ミステリ大賞(ほんかくみすてりたいしょう、2001年 - )は、本格ミステリ作家クラブが主催する推理小説の賞。本格ミステリというジャンルの発展のため、年間の最優秀作品(小説部門、評論・研究部門)を表彰している。候補作を全て読んだ本格ミステリ作家クラブ会員の投票によって決まり、選評はすべて公開される。正賞として京極夏彦がデザインしたトロフィーが授与される。

受賞作一覧

2021

第21回

2020

第20回

2019

第19回

2018

第18回

2017

第17回

2016

第16回

2015

第15回

2014

第14回

2013

第13回

2012

第12回

2011

第11回

2010

第10回

2009

第9回

2008

第8回

2007

第7回

2006

第6回

2005

第5回

2004

第4回

2003

第3回

2002

第2回

2001

第1回

関連トピックス

「2022年本屋大賞」米澤穂信『黒牢城』&浅倉秋成『六人の嘘つきな大学生』2作品ノミネート!! - PR TIMES 本屋大賞候補入りで注目 浅倉秋成「六人の嘘つきな大学生」 就活イヤミス装い後味よし|好書好日 - 好書好日 直木賞受賞・米澤穂信氏、デビュー作『氷菓』からミステリー畑を進み「ここまでは間違ってなかった」(オリコン) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 読者人気と直木賞を両立の米澤穂信さん「黒牢城」…選考委員もうならせた歴史小説とミステリーの融合 - スポーツ報知 【本屋大賞2022ノミネート】ミステリを愛する富豪によって「硝子の塔」に集められた人々が惨劇に巻き込まれる――本格ミステリ愛爆発の大作! - ダ・ヴィンチニュース 中瀬ゆかり、映画「浅草キッド」を大絶賛! 面白すぎて立て続けに「2回観ました」 - ニフティニュース 宮内悠介さん『かくして彼女は宴で語る』刊行記念イベント開催決定!|イベント情報|幻冬舎編集部 - gentosha.jp 阪神・岩貞 馬原氏ゴッドハンドで肩可動域広がり「今までにない軽さ」 復肩へ手応え - サンケイスポーツ