受賞作ドットジェイピー

このミステリーがすごい!大賞

Wikipedia情報

『このミステリーがすごい!』大賞(このミステリーがすごいたいしょう)は、2002年に宝島社、NEC、メモリーテックの3社が創設したノベルス・コンテストである。略称は『このミス』大賞。『このライトノベルがすごい!』大賞、日本ラブストーリー大賞、『このマンガがすごい!』大賞に並ぶ宝島社4大大賞の1つ。 賞金として大賞作品には1,200万円が、優秀賞作品には200万円が贈呈される。 1次選考に進んだ作品や最終選考に残り受賞を逃した落選作の中に、編集部が「賞をとれなくても作品にしたい」という原稿を発見した時に与えられる『隠し玉』という宝島社賞(編集部推薦賞)を設けており、中には映画化された作品もある。 受賞作と隠し玉は全て宝島社から出版される。出版時期は大賞作品は翌年の1月、優秀賞は2月から5月頃、隠し玉は5月以降である。隠し玉以外でも最終候補作が出版されることがあり、宝島社以外からの出版もある。 募集対象として『エンターテイメントを第一義の目的とした広義のミステリー』を掲げている。

受賞作一覧

2019

第18回

2018

第17回

2017

第16回

2016

第15回

2015

第14回

2014

第13回

2013

第12回

2012

第11回

2011

第10回

2010

第9回

2009

第8回

2008

第7回

2007

第6回

2006

第5回

2005

第4回

2004

第3回

2003

第2回

2002

第1回

関連トピックス

佐藤二朗を探せ 「このミス」ドラマ『ユリコ』第4話に登場(オリコン) - Yahoo!ニュース 最後の“佐藤二朗を探せ”「一度も出演しないなら私なんのためにこんなコメント…」 - ドワンゴジェイピーnews “撮りたくなる女”玉城ティナ 女優としての幅を広げるために…一人旅、フィルムカメラで感性磨き(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース 佐藤健主演×瀬々敬久監督で『護られなかった者たちへ』映画化 共演に阿部寛、清原果耶、林遣都 - リアルサウンド 【「本屋大賞2020」候補作紹介】『medium霊媒探偵城塚翡翠』――「すべてが、伏線」美少女霊媒師と推理作家コンビが難事件に挑む 〈BOOKSTAND〉 - アエラドット 朝日新聞出版 『スマホを落としただけなのに』著者、いま一番落としたくないものを語る - BuzzFeed 令和で完結!不滅の警察小説「孤狼の血」シリーズ最新作、柚月裕子『暴虎の牙』3月27日発売! シリーズ累計43万部突破! | 「ニュース」本・小説の最新情報、試写会・プレゼント情報 - カドブン WANDS、27年ぶりにドラマ主題歌を担当「シングル第二弾です」 - BARKS シリーズ累計43万部突破!不滅の警察小説「孤狼の血」シリーズ完結編、柚月裕子『暴虎の牙』発売 - music.jpニュース Check!:そして、ユリコは一人になった 玉城ティナ「推理しながら見て」 - 毎日新聞 WANDS、『サイレント・ヴォイス』で27年ぶりドラマ主題歌担当 - Real Sound 【BOOK】自分の書きたいことを書かない… 10周年記念12カ月連続刊行企画の第1弾 中山七里さん『騒がしい楽園』 - ZAKZAK WANDS、『サイレント・ヴォイス』主題歌をシングルリリース 収録内容も公開 - Real Sound 相沢沙呼さんが読んできた本たち 作家の読書道:第215回|好書好日 - asahi.com 神木隆之介×浜辺美波×中村倫也|映画『屍人荘の殺人』Blu-ray&DVDが6月17日発売|購入先着特典ステッカー付き|オンライン期間限定10%オフ - TOWER RECORDS ONLINE - TOWER RECORDS ONLINE