受賞作ドットジェイピー

日本推理作家協会賞

Wikipedia情報

日本推理作家協会賞(にほんすいりさっかきょうかいしょう)は、毎年日本推理作家協会(元・探偵作家クラブ→日本探偵作家クラブ、江戸川乱歩が1947年6月21日に設立)が授与する文学賞。その年発表された推理小説の中で最も優れていたものに与えられる。 第1回(1948年)から第7回(1954年)までは探偵作家クラブ賞、第8回(1955年)から第15回(1962年)までは日本探偵作家クラブ賞、第16回(1963年)以降は日本推理作家協会賞と名前を変えて続いている。その伝統から、ミステリー界で最も権威ある賞と見做されている。 創設当時は長編賞、短編賞、新人賞があったが(新人賞は第1回のみ)、第5回(1952年)からは部門の区別がなくなった。第29回(1976年)から再び、長編部門、短編部門(および評論その他の部門)に分かれた。部門別に分かれてからの受賞者数は、長編部門の58人に対して、短篇部門が26人と半分以下である(2015年現在)。これは長編部門はダブル受賞(複数の同時受賞者が出ること)が多いのに対して、短篇部門は該当作なしの年が多く、また受賞者が出てもほとんどが単独受賞だからである。

受賞作一覧

2020

第73回

2019

第72回

2018

第71回

2017

第70回

2016

第69回

2015

第68回

2014

第67回

2013

第66回

2012

第65回

2011

第64回

2010

第63回

2009

第62回

2008

第61回

2007

第60回

2006

第59回

2005

第58回

2004

第57回

2003

第56回

2002

第55回

2001

第54回

2000

第53回

1999

第52回

1998

第51回

1997

第50回

1996

第49回

1995

第48回

1994

第47回

1993

第46回

1992

第45回

1991

第44回

1990

第43回

1989

第42回

1988

第41回

1987

第40回

1986

第39回

1985

第38回

1984

第37回

1983

第36回

1982

第35回

1981

第34回

1979

第32回

1978

第31回

1977

第30回

1976

第29回

1975

第28回

1974

第27回

1973

第26回

1970

第23回

1968

第21回

1967

第20回

1966

第19回

1965

第18回

1964

第17回

1963

第16回

1962

第15回

1961

第14回

1960

第13回

1959

第12回

1958

第11回

1957

第10回

1956

第9回

1955

第8回

1954

第7回

1952

第5回

1951

第4回

1950

第3回

1949

第2回

1948

第1回

関連トピックス

「僕なりの小説を」 推理作家協会賞の呉さん:朝日新聞デジタル - 朝日新聞社 矢樹純『夫の骨』(祥伝社文庫)が 第73回日本推理作家協会賞・短編部門受賞! (2020年7月22日) - エキサイトニュース 探偵小説のオールドファンはわくわくしてしまう。ミステリー史の中の一里塚 - ニコニコニュース 雀聖・阿佐田哲也が残した“敗戦証明書”「三十をすぎたらみんな対等」 - goo.ne.jp 今日は何の日:7月28日 - Nippon.com 拡がる論考 未踏の高峰 『北米探偵小説論21』 作家・文芸評論家 野崎六助さん(72) - 東京新聞 音楽朗読劇『黑世界』TRUMPシリーズに挑むハライチ岩井、中屋敷法仁、宮沢龍生ら6名の作家陣が決定 (2020年7月21日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース そうだ、こういう作家を見つけたいのだ。『蟬かえる』 杉江松恋の新鋭作家ハンティング - カドブン 【茨城新聞】作家の薬丸岳さん 犯罪被害者の心情迫る 茨城新聞の連載小説、7月27日から新連載開始 - 茨城新聞