受賞作ドットジェイピー

第59回日本推理作家協会賞

Wikipedia情報

日本推理作家協会賞(にほんすいりさっかきょうかいしょう)は、毎年日本推理作家協会(元・探偵作家クラブ→日本探偵作家クラブ、江戸川乱歩が1947年6月21日に設立)が授与する文学賞。その年発表された推理小説の中で最も優れていたものに与えられる。 第1回(1948年)から第7回(1954年)までは探偵作家クラブ賞、第8回(1955年)から第15回(1962年)までは日本探偵作家クラブ賞、第16回(1963年)以降は日本推理作家協会賞と名前を変えて続いている。その伝統から、ミステリー界で最も権威ある賞と見做されている。 創設当時は長編賞、短編賞、新人賞があったが(新人賞は第1回のみ)、第5回(1952年)からは部門の区別がなくなった。第29回(1976年)から再び、長編部門、短編部門(および評論その他の部門)に分かれた。部門別に分かれてからの受賞者数は、長編部門の58人に対して、短篇部門が26人と半分以下である(2015年現在)。これは長編部門はダブル受賞(複数の同時受賞者が出ること)が多いのに対して、短篇部門は該当作なしの年が多く、また受賞者が出てもほとんどが単独受賞だからである。

受賞作一覧

2006

第59回

関連トピックス

2020年本屋大賞ノミネート10作をざっくり紹介(飯田一史) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 【JRA授賞式】馬事文化賞は早見和真氏執筆の「ザ・ロイヤルファミリー」(新潮社)が受賞 小説作品としては宮本輝氏の「優駿」以来(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース 日本人が考え、独自に完成させたマジック「手妻」の歴史を克明に綴った力作 - ニコニコニュース 不遇な運命を背負った女性死刑囚に、温かい手料理が与えられていたなら 早見和真『イノセント・デイズ』 - 朝日新聞 エッセイは小説以上に貴重!? 東野圭吾の肉声が聞こえてくる! 東野圭吾の11作品、怒濤のレビュー企画③『さいえんす?』 | 全部読んだか? 東野圭吾 | 「連載(本・小説)」 - カドブン 心地よき知の刺激『饗宴 ソクラテス最後の事件』 | 「レビュー(本・小説)」 - カドブン