受賞作ドットジェイピー

江戸川乱歩賞

Wikipedia情報

江戸川乱歩賞(えどがわらんぽしょう、通称:乱歩賞、英称:Edogawa Ranpo Award)は、1954年、江戸川乱歩の寄付を基金として、日本推理作家協会(旧:日本探偵作家クラブ)により、探偵小説を奨励するために制定された文学賞。 第3回以降は、長編小説を公募し、優秀作品に与えられることになった。現在では推理作家への登竜門として知られている。 正賞として江戸川乱歩像が、副賞として1000万円が贈呈される。また、受賞作は講談社から出版される。1992年の第38回からはフジテレビが後援に加わり、受賞作が同局にて単発ドラマ化、あるいは、映画化されるようになった。 正賞として与えられる像は、第48回までは「シャーロック・ホームズ像」であったが、第49回からは「江戸川乱歩像」に変更された。 受賞作は講談社文庫に収録されるが、近年では絶版入手不能となるものも増えてきたため、1989年9月より講談社文庫から江戸川乱歩賞全集が刊行され、受賞作および全選評を収録することとなった。

受賞作一覧

2019

第65回

2018

第64回

2016

第62回

2015

第61回

2014

第60回

2013

第59回

2012

第58回

2011

第57回

2010

第56回

2009

第55回

2008

第54回

2007

第53回

2006

第52回

2005

第51回

2004

第50回

2003

第49回

2002

第48回

2001

第47回

2000

第46回

1999

第45回

1998

第44回

1997

第43回

1996

第42回

1995

第41回

1994

第40回

1993

第39回

1992

第38回

1991

第37回

1990

第36回

1989

第35回

1988

第34回

1987

第33回

1986

第32回

1985

第31回

1984

第30回

1983

第29回

1982

第28回

1981

第27回

1980

第26回

1979

第25回

1978

第24回

1977

第23回

1976

第22回

1975

第21回

1974

第20回

1973

第19回

1972

第18回

1970

第16回

1969

第15回

1967

第13回

1966

第12回

1965

第11回

1964

第10回

1963

第9回

1962

第8回

1961

第7回

1959

第5回

1958

第4回

1957

第3回

1956

第2回

1955

第1回

関連トピックス

江戸川乱歩賞、リモート選考会で ミステリー作家の登龍門 - 産経ニュース ミステリーファンから一般読者まで満足させる戦後派ミステリー(Book Bang) - Yahoo!ニュース 『文藝』編集長・坂上陽子が語る、文芸誌のこれから 「新しさを求める伝統を受け継ぐしかない」(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース 「文スト」中島・太宰・芥川・中原の等身大ウォールステッカー当たるオンラインくじ(コミックナタリー) - Yahoo!ニュース アニメ「啄木鳥探偵處」第7話は“二銭銅貨”パロディ 謎を解く平井太郎(CV:小野賢章)にファンも「さすが」(ABEMA TIMES) - Yahoo!ニュース