受賞作ドットジェイピー

第65回江戸川乱歩賞

Wikipedia情報

江戸川乱歩賞(えどがわらんぽしょう、通称:乱歩賞、英称:Edogawa Ranpo Award)は、1954年、江戸川乱歩の寄付を基金として、日本推理作家協会(旧:日本探偵作家クラブ)により、探偵小説を奨励するために制定された文学賞。 第3回以降は、長編小説を公募し、優秀作品に与えられることになった。現在では推理作家への登竜門として知られている。 正賞として江戸川乱歩像が、副賞として1000万円が贈呈される。また、受賞作は講談社から出版される。1992年の第38回からはフジテレビが後援に加わり、受賞作が同局にて単発ドラマ化、あるいは、映画化されるようになった。 正賞として与えられる像は、第48回までは「シャーロック・ホームズ像」であったが、第49回からは「江戸川乱歩像」に変更された。 受賞作は講談社文庫に収録されるが、近年では絶版入手不能となるものも増えてきたため、1989年9月より講談社文庫から江戸川乱歩賞全集が刊行され、受賞作および全選評を収録することとなった。

受賞作一覧

2019

第65回

関連トピックス

『コープス・ハント』刊行記念! 下村敦史のおすすめ作品5冊(香山二三郎・選) | 「読み物(本・小説)」 | 「特集(本・小説)」 - カドブン 「九州さが大衆文学賞と笹沢左保」受賞者座談会 - 佐賀新聞 文壇に今も存在する?「女性への差別と偏見」とは | メディア万華鏡 | 山田道子 - 毎日新聞 凪良ゆうさんが読んできた本たち 作家の読書道:第214回|好書好日 - asahi.com