受賞作ドットジェイピー

小説推理新人賞

Wikipedia情報

小説推理新人賞(しょうせつすいりしんじんしょう)は、双葉社が主催する公募新人文学賞である。受賞作の発表は、双葉社が発行する小説誌『小説推理』誌上において行われる。受賞者には正賞及び副賞として100万円が贈られる。
第1回(1979年) 大沢在昌 「感傷の街角」
第2回(1980年) 受賞作なし
第3回(1981年) 五谷翔 「第九の流れる家」
第4回(1982年) 受賞作なし
第5回(1983年) 受賞作なし
第6回(1984年) 受賞作なし
第7回(1985年) 長尾健二 「カウンターブロウ」、津野創一 「手遅れの死」
第8回(1986年) 受賞作なし
第9回(1987年) 横溝美晶 「湾岸バッド・ボーイ・ブルー」
第10回(1988年) 相馬隆 「グラン・マーの犯罪」
第11回(1989年) 受賞作なし
第12回(1990年) 千野隆司 「夜の道行」

受賞作一覧

2019

第41回

2018

第40回

2016

第38回

2015

第37回

2014

第36回

2013

第35回

2012

第34回

2011

第33回

2010

第32回

2009

第31回

2008

第30回

2007

第29回

2006

第28回

2005

第27回

2004

第26回

2003

第25回

2002

第24回

2001

第23回

2000

第22回

1999

第21回

1998

第20回

1997

第19回

1996

第18回

1995

第17回

1994

第16回

1993

第15回

1992

第14回

1991

第13回

1990

第12回

1988

第10回

1987

第9回

1985

第7回

1981

第3回

1979

第1回

関連トピックス

【話の肖像画】作家・阿刀田高(85)(6)筆一本、「奇妙な味」で勝負 - 産経ニュース 百田尚樹氏『永遠の0』の26年前に書いた「幻の小説」(NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース 人間の心の奥にひそむ闇を、さまざまな人物の視点から照射 - ニコニコニュース 検察官の本来あるべき姿を活写 - ニコニコニュース 仏映画サイトが推薦する、生涯で一度は見ておくべきスリラー10本(映画.com) - Yahoo!ニュース 月村了衛さんが叱られても通い続けるしかなかった"子供の狭い世界"の書店 - ほんのひきだし 【ザ・インタビュー】真実の先にある希望を紡ぐ 天童荒太 新作「迷子のままで」 - auone.jp ラノベのお姉さん/大衆文芸の妹 「ライト文芸」誕生とその歩み - KAI-YOU.net