受賞作ドットジェイピー

小説推理新人賞

Wikipedia情報

小説推理新人賞(しょうせつすいりしんじんしょう)は、1979年より双葉社が主催する公募新人文学賞である。短編の推理小説を募集する。受賞作の発表は例年、双葉社が発行する小説誌『小説推理』8月号で行われ、受賞作が掲載される。受賞者には正賞及び副賞として100万円が贈られる。

受賞作一覧

2021

第43回

2020

第42回

2019

第41回

2018

第40回

2016

第38回

2015

第37回

2014

第36回

2013

第35回

2012

第34回

2011

第33回

2010

第32回

2009

第31回

2008

第30回

2007

第29回

2006

第28回

2005

第27回

2004

第26回

2003

第25回

2002

第24回

2001

第23回

2000

第22回

1999

第21回

1998

第20回

1997

第19回

1996

第18回

1995

第17回

1994

第16回

1993

第15回

1992

第14回

1991

第13回

1990

第12回

1988

第10回

1987

第9回

1985

第7回

1981

第3回

1979

第1回

関連トピックス

大型新人のデビュー作! 肥大した自意識や独善的なプライド、劣等感や嫉妬…高校を舞台にした青春群像劇×本格ミステリ 『その意図は見えなくて』藤つかさ|ブックレビュー|COLORFUL - COLORFUL:カラフル 入れ子構造×ミステリー! 書評家も脱帽した、小説とリアルがリンクする仕掛けに満ちた技巧的サスペンス 『予感(ある日、どこかのだれかから電話が)』清水杜氏彦|ブックレビュー|COLORFUL - COLORFUL:カラフル 「男の情けなさと女のたくましさ。66歳にして男女の真実をやっと書けました。」ハードボイルドの第一人者・大沢在昌が描く大人の恋愛 『晩秋行』|ブックレビュー|COLORFUL - COLORFUL:カラフル 織守きょうやさんの読んできた本たち 「アルスラーン戦記」は今読み返しても最高|好書好日 - 好書好日 開成→東大卒サラリーマン作家が目指す固定観念の打破 最新鋭トリックでミステリー界に新風(ENCOUNT) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 昭和史ミステリー、なぜ増加? 当時のテレビ業界を描く、辻真先『馬鹿みたいな話!』の面白さ - リアルサウンド 『禁猟区』石田衣良さんに聞く。「社会の在り方を映す大人の恋愛小説」(Book Bang) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 【直木賞ノミネート】爆弾魔が人間の本性に火をつける! 内に秘めた悪意を炙り出すノンストップ・ミステリー『爆弾』 - ダ・ヴィンチWeb 直木賞受賞作を村上たかしが感涙コミカライズ! 『星守る犬』『ピノ:PINO』の名手が描く『少年と犬』、6月28日(火)より発売 - アットプレス(プレスリリース) 論点:若者の「コスパ」志向 - 毎日新聞 読むほどに「欲しい本」が膨れ上がる永久保存版ブックガイド『怪異猟奇ミステリー全史』(レビュー)(Book Bang) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース