受賞作ドットジェイピー

第44回小説推理新人賞

Wikipedia情報

小説推理新人賞(しょうせつすいりしんじんしょう)は、1979年より双葉社が主催する公募新人文学賞である。短編の推理小説を募集する。受賞作の発表は例年、双葉社が発行する小説誌『小説推理』8月号で行われ、受賞作が掲載される。受賞者には正賞及び副賞として100万円が贈られる。

受賞作一覧

2022

第44回

関連トピックス

小説推理新人賞とアガサ・クリスティー賞を同時受賞した作家による、入れ子構造ミステリ(レビュー)(Book Bang) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 「66歳にして男女の真実をやっと書けました」ハードボイルドの第一人者・大沢在昌が描く大人の恋愛(レビュー)(Book Bang) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 極上の医療小説と職人技ミステリの華麗なる協奏――長岡弘樹『殺人者の白い檻』レビュー【評者:村上貴史】 - カドブン 元弁護士が書く"リーガル・ミステリー" デビュー10周年記念 シリーズ3か月連続刊行の感動長編作|『301号室の聖者』織守きょうや - ほんのひきだし 高校生が抱える劣等感や嫉妬を生々しく描いたミステリ作品 謎解きで浮かび上がる青春の痛みと影とは(レビュー)(Book Bang) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 冷戦下、一冊の小説を武器にソ連と戦った女性たちを描いた話題作『あの本は読まれているか』(ラーラ・プレスコット著)が待望の文庫化! - PR TIMES 著者の人間心理に対する洞察力に感服――『探偵はぼっちじゃない』坪田侑也 文庫巻末解説【解説:瀧井朝世】 - カドブン 面白い作家は最初から面白く今読んでも面白い(レビュー)(Book Bang) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 「初恋の悪魔」で新人刑事を熱演!話題作が続く佐久間由衣の魅力に迫る(cinemacafe.net) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース 伊坂幸太郎「ブレット・トレイン」インタビュー 「想像以上に、小説のアイディアを使ってくれていることに驚きました」 - カドブン