受賞作ドットジェイピー

第41回小説推理新人賞

Wikipedia情報

小説推理新人賞(しょうせつすいりしんじんしょう)は、双葉社が主催する公募新人文学賞である。受賞作の発表は、双葉社が発行する小説誌『小説推理』誌上において行われる。受賞者には正賞及び副賞として100万円が贈られる。
第1回(1979年) 大沢在昌 「感傷の街角」
第2回(1980年) 受賞作なし
第3回(1981年) 五谷翔 「第九の流れる家」
第4回(1982年) 受賞作なし
第5回(1983年) 受賞作なし
第6回(1984年) 受賞作なし
第7回(1985年) 長尾健二 「カウンターブロウ」、津野創一 「手遅れの死」
第8回(1986年) 受賞作なし
第9回(1987年) 横溝美晶 「湾岸バッド・ボーイ・ブルー」
第10回(1988年) 相馬隆 「グラン・マーの犯罪」
第11回(1989年) 受賞作なし
第12回(1990年) 千野隆司 「夜の道行」

受賞作一覧

2019

第41回

関連トピックス

大ヒット『老後の資金がありません』垣谷美雨の新刊は高齢ドライバーが題材!『うちの父が運転をやめません』発売! | 「ニュース」プレスリリースの最新情報 | 「ニュース」本・小説の最新情報、試写会・プレゼント情報 - カドブン 直木賞作家・門井慶喜さん講演 3月14日、旧唐津銀行で - 佐賀新聞 新型コロナウィルス大流行を10年前から予言!? 『首都感染』作者・高嶋哲夫氏に聞いた - ニコニコニュース 帯でハードルを上げすぎ? 中身よりタイトルで難航? 今年度No.1ミステリー『medium』の創作秘話が明らかに!(週プレNEWS) - Yahoo!ニュース 【話題の本】『medium 霊媒探偵城塚翡翠』相沢沙呼著 驚きの結末に口コミ広がる - 産経ニュース 伊坂幸太郎デビュー20年記念作!『逆ソクラテス』4月24日(金)発売決定 - ほんのひきだし 『都会のトム&ソーヤ』城桧吏の相棒にスターダスト初男子グランプリ酒井大地|7月公開も決定 - navicon [ナビコン]