受賞作ドットジェイピー

第71回日本推理作家協会賞

Wikipedia情報

日本推理作家協会賞(にほんすいりさっかきょうかいしょう)は、毎年日本推理作家協会(元・探偵作家クラブ→日本探偵作家クラブ、江戸川乱歩が1947年6月21日に設立)が授与する文学賞。その年発表された推理小説の中で最も優れていたものに与えられる。 第1回(1948年)から第7回(1954年)までは探偵作家クラブ賞、第8回(1955年)から第15回(1962年)までは日本探偵作家クラブ賞、第16回(1963年)以降は日本推理作家協会賞と名前を変えて続いている。その伝統から、ミステリー界で最も権威ある賞と見做されている。 創設当時は長編賞、短編賞、新人賞があったが(新人賞は第1回のみ)、第5回(1952年)からは部門の区別がなくなった。第29回(1976年)から再び、長編部門、短編部門(および評論その他の部門)に分かれた。部門別に分かれてからの受賞者数は、長編部門の58人に対して、短篇部門が26人と半分以下である(2015年現在)。これは長編部門はダブル受賞(複数の同時受賞者が出ること)が多いのに対して、短篇部門は該当作なしの年が多く、また受賞者が出てもほとんどが単独受賞だからである。

受賞作一覧

2018

第71回

関連トピックス

これは手品か! 若き霊媒女性が犯人を名指しする 『medium 霊媒探偵城塚翡翠』 | J-CAST BOOKウォッチ - J-CASTニュース 湊かなえ 最新作『カケラ』5月14日(木)発売決定!美容整形をテーマに、一人の少女の悲劇を描く慟哭のミステリー - PR TIMES 令和で完結!不滅の警察小説「孤狼の血」シリーズ最新作、柚月裕子『暴虎の牙』3月27日発売! シリーズ累計43万部突破! | 「ニュース」本・小説の最新情報、試写会・プレゼント情報 - カドブン 伊坂幸太郎『逆ソクラテス』表紙公開! カバーイラストは画家・junaida氏による描き下ろし - PR TIMES 湊かなえ初の試み!小説『ブロードキャスト』を全文無料公開! - PR TIMES 人気シリーズ続編が待望の文庫化! 警察vsヤクザの意地と誇りを賭けた物語。柚月裕子『孤狼の血』 - ダ・ヴィンチニュース 【解説・宮部みゆき】 徳一さん(72)の日常を綴る本作から教えられた、なにげない日々の尊さ。 そしてフィクションの力。京極夏彦『オジいサン』(Book Bang) - Yahoo!ニュース 作家・恩田陸 書くことは癖のようなもの 「メモ魔」の少女時代 小説、漫画、映画…ひたすらノートに記録(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース 極限状態での殺人が招く悲劇と謎――第二次世界大戦中のビルマを舞台に描く本格ミステリ『いくさの底』 | 「レビュー(本・小説)」 - カドブン シリーズ累計43万部突破!不滅の警察小説「孤狼の血」シリーズ完結編、柚月裕子『暴虎の牙』発売 - music.jpニュース 期間限定! 湊かなえさん『ブロードキャスト』を全文無料公開!#14 | 湊かなえ『ブロードキャスト』 | 「連載(本・小説)」 - カドブン 湊かなえ初の試み!『ブロードキャスト』を期間限定で全文無料公開!#10 | 湊かなえ『ブロードキャスト』 | 「連載(本・小説)」 - カドブン 湊かなえ初の試み!『ブロードキャスト』を期間限定で全文無料公開!#5 | 湊かなえ『ブロードキャスト』 | 「連載(本・小説)」 - カドブン 湊かなえ初の試み!『ブロードキャスト』を期間限定で全文無料公開!#3 | 湊かなえ『ブロードキャスト』 | 「連載(本・小説)」 - カドブン 湊かなえ初の試み!『ブロードキャスト』を期間限定で全文無料公開!#4 | 湊かなえ『ブロードキャスト』 | 「連載(本・小説)」 - カドブン 湊かなえ初の試み!『ブロードキャスト』を期間限定で全文無料公開!#1 | 湊かなえ『ブロードキャスト』 | 「連載(本・小説)」 - カドブン