受賞作ドットジェイピー

第73回日本推理作家協会賞

Wikipedia情報

日本推理作家協会賞(にほんすいりさっかきょうかいしょう)は、毎年日本推理作家協会(元・探偵作家クラブ→日本探偵作家クラブ、江戸川乱歩が1947年6月21日に設立)が授与する文学賞。その年発表された推理小説の中で最も優れていたものに与えられる。 第1回(1948年)から第7回(1954年)までは探偵作家クラブ賞、第8回(1955年)から第15回(1962年)までは日本探偵作家クラブ賞、第16回(1963年)以降は日本推理作家協会賞と名前を変えて続いている。その伝統から、ミステリー界で最も権威ある賞と見做されている。 創設当時は長編賞、短編賞、新人賞があったが(新人賞は第1回のみ)、第5回(1952年)からは部門の区別がなくなった。第29回(1976年)から再び、長編部門、短編部門(および評論その他の部門)に分かれた。部門別に分かれてからの受賞者数は、長編部門の58人に対して、短篇部門が26人と半分以下である(2015年現在)。これは長編部門はダブル受賞(複数の同時受賞者が出ること)が多いのに対して、短篇部門は該当作なしの年が多く、また受賞者が出てもほとんどが単独受賞だからである。

受賞作一覧

2020

第73回

関連トピックス

ハードコアチョコレート文豪レジェンドシリーズ始動!史上初となる「江戸川乱歩Tシャツ」が生誕から125年の時を経て登場! - 朝日新聞 雀聖・阿佐田哲也が残した“敗戦証明書”「三十をすぎたらみんな対等」 - goo.ne.jp 辛いこともあるが最後はノホホンと。軽くて知的な読書にふさわしい - ニコニコニュース 今日は何の日:7月28日 - Nippon.com 【茨城新聞】作家の薬丸岳さん 犯罪被害者の心情迫る 茨城新聞の連載小説、7月27日から新連載開始 - 茨城新聞