受賞作ドットジェイピー

山田正紀

Wikipedia情報

山田 正紀(やまだ まさき、1950年 1月16日 - )は、日本の作家。 愛知県名古屋市生まれ。子供時代は漫画家を目指していた。明治大学政治経済学部卒業。日本推理作家協会会員。本格ミステリ作家クラブ会員。 日本SF作家クラブでは第12代会長を務めたが、2014年現在は退会している。 海外放浪の後、同人誌『宇宙塵』で作品を発表していたが、編集人であった柴野拓美に託した中編小説が柴野によって『SFマガジン』に手渡されることになり、1974年、中編「神狩り」が『SFマガジン』誌に掲載され作家デビューすることになる。『SFマガジン』には、立て続けに「流氷民族」(単行本化時に『氷河民族』に改題)を連載して、大物新人SF作家としての地位を固めた。かんべむさし、堀晃らとともに、星新一、小松左京、筒井康隆らの日本SF第一世代に続く、第二世代と呼ばれる。その後、冒険小説、ミステリなどにも発表ジャンルを広げる。 SFにおいては、骨太なアイデアで構成する難解で本格的な作品(デビュー時から「想像できないことを想像する」ことが信条であると発言している)からエンターテイメントに徹した作品まで幅広い。

受賞作一覧

2018

第19回SFが読みたい!ベストSF

2017

第18回SFが読みたい!ベストSF

2009

第10回SFが読みたい!ベストSF

2006

第7回SFが読みたい!ベストSF

2002

第55回日本推理作家協会賞

第2回本格ミステリ大賞

1995

第26回星雲賞

1983

第3回日本SF大賞

1980

第11回星雲賞

1978

第9回星雲賞

1975

第6回星雲賞