受賞作ドットジェイピー

第26回吉川英治文学新人賞

Wikipedia情報

吉川英治文学新人賞(よしかわえいじぶんがくしんじんしょう)は、公益財団法人吉川英治国民文化振興会が主催し、講談社が後援する1980年から創設された非公募の作家に贈られる文学賞。以降年1回発表されている。 毎年1月1日から12月31日までに、新聞、雑誌、単行本等に優秀な小説を発表した作家の中から、最も将来性のある新人作家に贈る。 候補作家の選出は、作家、画家、批評家および各出版社の編集長、新聞社学芸部長・文化部長、ラジオ・テレビ・映画関係者、一般文化人ら数百人に文章で推薦を依頼される。 候補作家の発表は2月上旬、受賞の発表は3月上旬。 受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として賞牌、副賞として100万円と置時計が授与される。新人賞という名ではあるが、実態としては中堅以上の作家が候補者・受賞者の多くを占め、デビュー30年近いベテランの受賞者も存在する。比較的選考委員が固定された賞で、最初の17年間はまったく交代がなかった。

受賞作一覧

2005

第26回

関連トピックス

人気女性作家 第1子出産を発表 加藤シゲアキと吉川英治文学新人賞を受賞 高校同級生に吉岡里帆(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース 人気女性作家 第1子出産を発表 加藤シゲアキと吉川英治文学新人賞を受賞 高校同級生に吉岡里帆 - au Webポータル 人気女性作家 第1子出産を発表 加藤シゲアキと吉川英治文学新人賞を受賞 高校同級生に吉岡里帆 (2024年7月16日掲載) - livedoor 芥川賞は朝比奈秋と松永K三蔵、直木賞は一穂ミチが受賞 (2024年7月17日) - Excite Bit コネタ